スカーレット

スカーレット ネタバレ【14週】あらすじ「作陶に行き詰まる八郎」

こんにちは!@朝彦です。
ここでは、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』【14週】のネタバレやあらすじ、その感想を書きたいと思います。

ではさっそく、スカーレット【14週】のネタバレ&あらすじに参りましょう♪


朝ドラ・スカーレット【14週】のネタバレ&あらすじ

※ここからはNHKの『連続テレビ小説(朝ドラ)・スカーレット』【14週】のネタバレ・あらすじを含みます、ご注意下さい※

季節は過ぎ、昭和44年1月。

八郎が陶芸展で金賞を取ってからというもの、順調に個展や注文製作などの仕事が入っていました。

喜美子は八郎を支えながら折を見ては、自由に自分の作品を作る毎日を送っていました。

さらに窯業研究所の柴田に頼まれ、八郎が預かった陶芸家志望の弟子二人のケンカを収めるのも喜美子の仕事でした。

そんなある日、八郎が銀座で個展を開催することが決まります。

ここ最近、なかなか満足する作品を作れていなかった八郎は、プレッシャーを感じます。

一方、照子は『お母さん合唱団』に入り、もう一人メンツが足りないと言って、喜美子を誘いにやって来ます。

しかし、何かと忙しい喜美子はそれを断ると、代わりにマツが参加することになったのでした…。

朝彦
朝彦
マツさんも常治さんが亡くなって寂しいでしょうから、こういうのに入るのも気が紛れていいと思います

松永三津が弟子入り志願!

銀座の個展へ向けて真剣に作陶を行う八郎。

ある日、喜美子がいつものように弟子のケンカを仲裁していると、信作がやって来ます。

喜美子は最近、信作と百合子の仲が良いことに気づいており、何かいい報告が聞けるのではないかと期待していました。

しかし信作が口にしたのは最近の喜美子と八郎についての鋭い指摘だったのです。

動揺する喜美子と八郎でしたが、信作が帰った後は何事も無かったかのように振る舞います。

しかし、喜美子がいつの間にか学んだ陶芸の知識に触れた八郎は、驚き、複雑な思いを抱くのです。

ここの所、弟子の二人のケンカが絶えないため、喜美子は八郎に代わって、弟子二人に辞めてもらうよう告げます。

弟子二人は「まだ何も教わってない!」と不満をぶつけるのですが、仕方なく喜美子たちの元を去っていきます。

それと入れ替わるように、フカ先生の一番弟子と二番弟子だった池ノ内と磯貝の二人が川原家にやって来ました。

二人は、陶芸の修業をさせてもらえる所を探しているという、美大出身の女性・松永三津を連れていました。

松永三津は八郎と喜美子に弟子入りを志願。

しかし、八郎は今は銀座で個展に向けて余裕がないと断ります。

しかし三津は簡単には引き下がろうとしません。次第に八郎との問答がエスカレートし、三津の本音が明らかになります。

その頃、喜美子と八郎夫婦が暮らす川原家の離れに、怪しい人影が横切ります。

もちろん喜美子や八郎は気付くはずもなく…。

朝彦
朝彦
もしかして泥棒!?また??常治さんの時も若い男の子兄弟に入られましたよね?

元弟子二人が泥棒に!?

無理やりクビにした元弟子の二人が、なんと喜美子と八郎の離れに忍び込んだのです。

二人の狙いは、八郎がこれまで研究してきた「釉薬の調合」が記されたノートでした。

八郎に弟子入りを断られ、帰ろうとしていた三津は、二人が盗みに入っている現場を目撃します。

三津は勇気を出して二人を追い払い、逃げる二人の後を追います。

その後、部屋中が荒らされているのに気付いた喜美子と八郎は呆然とし、大切にしていた「めおとノート」”だけ”が失くなっていることを確認します。

がっかりしている二人の元へ、思いがけず三津がまた戻ってきます。手には、その「めおとノート」が握られていました。

一方、信作は、百合子があかまつで別の男性と楽しげに話す様子を目撃してしまいます…。

朝彦
朝彦
三津ちゃん、あの元弟子二人からノートを奪い返すなんてすごい!

三津は、喜美子と八郎の「めおとノート」を元弟子二人から奪い返してくれたのです。

喜美子は、大切なノートを取り返してくれた感謝もあり、さらには新しいものに意欲的な三津の存在は、今創作の壁にぶつかっている八郎の刺激になるのではと考え、三津を弟子にすることを八郎にすすめます。

渋る八郎でしたが、喜美子がどうしてもというなら…とそれを受け入れたのです。

こうして、松永三津が二人の弟子として住み込みで働くことになったのでした。

喜美子と意見が食い違う八郎

若くて元気な三津は、さっそく作陶する八郎の側で、使っている土を思い切って替えてみてはどうかと提案します。

一方、信作と百合子が神社でおみくじを引いた所…。

信楽の土にこだわる八郎に対して、喜美子は発想の転換が必要だと助言します。

これまでの既成概念を捨て、新しいものを取り入れなければ前へ進めないと言うのです。

しかし、八郎は「僕と喜美子は違う」とそれを拒否。二人の間に緊張が走ります。

すぐにわだかまりは解けるのですが、八郎は、喜美子の才能溢れる作陶を目の当たりし、心が揺らぎます。

三津が住み込みの弟子になって2か月が経ち、すっかり川原家の家族ともなじんでいました。

この頃、いよいよ信作と百合子の距離がますます近づきます。

そして、百合子は涙ながらに思いがけない言葉を口にしたのでした…。

朝彦
朝彦
いよいよ信作&百合子カップルの誕生か!?

※この続きは↓第15週のネタバレをご覧ください!
→第15週ネタバレあらすじ「八郎が三津と不倫で離婚へ?」

朝ドラ・スカーレット【14週】の感想「八郎さんは賞に向いてない」

朝ドラ・スカーレットの14週のネタバレ&あらすじはいかがだったでしょうか?

常治さんが亡くなり、ちょっとぽっかり心に穴が開いた感じがしますが、喜美子&八郎夫婦は3年間、ほぼ順調に暮らしていたようですね。

でも金賞の受賞から3年というと、確かにそろそろまた新しいものを…と期待されるのも分かります。
だからこその「銀座での個展」なんでしょうね。

これが八郎さんにとっていい刺激になるといいのですが、逆にプレッシャーとなり、何だか追い詰めている感じもします。

そもそも八郎さんって、そういう賞レースに挑むというよりかは、「誰かのためになる」というような、「人のためにつくる」というのがモチベーションになる人ですから、そういうのは向いていないような気がします。

なのでもう個展とかはやめて、「八郎さんの作品を使いたい!」というような人を少しでも増やすという方向に持っていったほうがいいと思うのですが、それがまた、なかなか難しいんでしょうね…。

一方の喜美子の方は、「既成概念を捨てて常に新しいものを!」という考えの人なので、喜美子の方がそういった賞への応募には向いている気がします。

と、このように行き詰まっている感の漂う川原夫婦に、三津という新しい風が吹きました。
この三津の存在が、二人にとってどのような影響を及ぼすのか、注目して見ていきたいと思います。

そして!
いよいよ、やっと信作が結婚しそうな雰囲気です。
まさか、そのお相手が百合子ちゃんになるとは…。

まだ14週ではゴールインまでは見られませんが、この二人の行く末も楽しみですね♪

以上で、NHKの朝ドラ『スカーレット』14週のネタバレ&あらすじと感想を終わります。
※本記事のネタバレ・あらすじの内容は、放送される内容とは異なる場合がございます。ご了承下さいませ※

※この続きは↓第15週のネタバレをご覧ください!
→第15週ネタバレあらすじ「八郎が三津と不倫で離婚へ?」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です