スカーレット

スカーレット14週82話ネタバレあらすじ「元弟子二人が泥棒に!?」

おはようございます!@朝彦です。
ここでは、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』の14週【82話】のネタバレ(あらすじ)、放送を見た感想を書きたいと思います(14週82話は2020年1月9日(木)に放送されました)。

ではさっそく、朝ドラ・スカーレット14週[82話]ネタバレ(あらすじ)&感想に参りましょう♪
※第14週全体のネタバレ&あらすじは↓こちら↓
→第14週のネタバレあらすじ


朝ドラ スカーレット14週[82話]のネタバレ(あらすじ)

※ここからはNHKの『連続テレビ小説(朝ドラ)・スカーレット』14週82話「元弟子二人が泥棒に!?」のネタバレ・あらすじを含みます。ご注意下さい。

クビにされた元弟子の二人がソーッと離れの家に忍び込むのを見た松永三津は、ゆっくりと二人の後を追います。

喜美子と八郎の家の中で、弟子の二人はタンスの中などを手荒く漁っていました。二人が探していたのは、八郎が書いた釉薬の調合を記したノートだったのです。それが手に入れば、これまで八郎が作った色味を再現することが出来ると言う魂胆でした。

すると弟子の一人が「あったっ!」とタンスの奥から一冊のノートを見つけます。

三津
三津
何してんの!?誰?あんたたちっ!

三津に見つかった元弟子の二人は「いやいや、違うんですよ。これは…」と後ずさりし、そそくさと部屋の窓から逃げて行きます。三津は「ちょっとぉ〜!待ちなさ〜い!」と叫ぶのでした…。

朝彦
朝彦
やっぱりあの弟子二人、ろくなもんじゃなかったですね

あかまつで百合子に嫉妬する信作

その頃、あかまつでは百合子が丸熊陶業の商品開発室(元八郎の同僚)の秋安と一徹と一緒に三人で飲んでいました。百合子は「わぁ〜、おっきいなぁ」と言いながら、二人と手と手を合わせてその大きさの違いに驚いています。

そこへ信作がやって来ました。信作は百合子が他の男性と手を合わせているのが気に入らないらしく…。

信作
信作
何してん!?
百合子
百合子
あっ、信にい〜。丸熊さんの商品開発室の…
信作
信作
知ってる知ってる。何やってん?
百合子
百合子
お二人とも車の免許持ってはるんやて

信作と秋安、一徹は「どうも」と笑顔で挨拶を交わします。

信作
信作
免許持ってたら、何で手ぇ握り合わなあかんのですか?

秋安は「握ってないで?」と否定します。

信作
信作
妹がお世話になりました

すると今度は一徹が「いやいや、妹ちゃうやん?」とツッコみます。

信作
信作
妹みたいなもんなんで。行くでほら。(あかまつのマスターに)おじさん、ツケといて

信作は百合子の腕を引っ張って連れて行こうとします。

百合子
百合子
なんで飲まへんの?
信作
信作
飲んでる場合やない。喜美子のとこに泥棒入ってん
百合子
百合子
えぇ〜!?
朝彦
朝彦
信作君、これはもう百合子ちゃんのことを女性として見てますねぇ…

離れの部屋は鍵がなかった…

離れの部屋で、喜美子と八郎は荒らされた部屋を片付けていました。それを百合子も手伝います。

喜美子
喜美子
泥棒いうほどのもんでもないねんけどな
百合子
百合子
何かとられたんちゃうのん?警察来てたんやて?
喜美子
喜美子
お母ちゃんが呼んでん。大ごとになってしもた…。あっ今、武志連れてサニー行ってもろてる
百合子
百合子
うん聞いた。今、信にいが連れて来てくれるわ
喜美子
喜美子
信作と一緒にいたん?
百合子
百合子
あかまついたら呼びに来やった。何とられたん?
喜美子
喜美子
ノートがな…。ノートが一冊ないねん
八郎
八郎
僕のせいや…。弟子二人が盗りに入ったんやろ…。お金は盗られてないもんな?
喜美子
喜美子
うん
百合子
百合子
ほやけど、大事にしてたノートなんやろ?
喜美子
喜美子
ここに置いてある思たんやろな
八郎
八郎
急に辞めさせられて腹も立ったんやろな…。僕が悪いんや…
百合子
百合子
悪いのはお義兄さんやない。多数決せんでも盗った人が悪いに決まってるやん
八郎
八郎
ほな百合ちゃん。ここで多数決してもえぇ?ここの離れの部屋な?お義父さんが元気やった時に「鍵なんかつけんでえぇ!」言うて
百合子
百合子
言うてたなぁ。「離れに鍵なんかいらん!」って
八郎
八郎
もう、つけてええよな?

そして多数決の結果、満場一致で鍵をつけることに決まったのでした…。

信作「他の男に触らせんなや」

一方、母屋の方では、信作が寝ている武志をおんぶしていました。

マツ
マツ
ごめんな?お待たせ。ここ敷いたから。重たいやろ?大丈夫?
信作
信作
はい。大丈夫です

信作が武志を布団に寝かそうとしていると、そこへ百合子がやって来ます。

百合子
百合子
帰ってたん?
信作
信作
おう
マツ
マツ
うん。武志、寝てしもうた
百合子
百合子
こっちで寝かすん?
マツ
マツ
うん
百合子
百合子
信にい、ありがとうな

そう言うと、二人は奥の部屋へと武志を寝かせに行きます。すると、マツは居間に座ると、何やら考え事を始めるのでした…。

–回想シーン ここから–

先ほど、サニーで大野夫婦とマツの三人が話をしています。

陽子
陽子
百合ちゃんやったら、大歓迎やっ!
大野
大野
あんなもんでよかったら…。信作、結構その気やと思うんやわ
マツ
マツ
し…信作君…?
陽子
陽子
もちろん、百合ちゃんがどう思ってるか〜?やけど
マツ
マツ
信作君と百合子??
陽子
陽子
(大野も一緒に)うん!

–回想シーン ここまで–

マツはゆっくりと百合子と信作の方を見るのでした…。

朝彦
朝彦
二人のこと、マツさんは何も気付いていなかったようですね(^_^;)

奥の部屋ではスヤスヤと寝ている武志を見て笑顔の百合子を、信作が横目で見ていました。

信作
信作
子ども、好き?
百合子
百合子
うん、好き。結婚はせんでも子どもは欲しいなぁ〜
信作
信作
そら、時代の最先端いく考えやな
百合子
百合子
フフッ。えぇ人いやらへんもん
信作
信作
いやらへんからいうて、誰と手ぇ合わしてんねん
百合子
百合子
手?
信作
信作
あかまつで
百合子
百合子
あぁ、手ぇの大きさ比べててん。車のハンドルをこう持つ話してたらな、うちの手、ちっちゃいなぁいう話になってな
信作
信作
他の男に触らせんなや

百合子はちょっとドキッとしたような表情になります。

信作
信作
俺の手ぇもちっちゃいで?ほら

そう言うと、信作は百合子と手を合わせます。

百合子
百合子
フフッ。おっきいやん
信作
信作
ほうか…?行くわ。おやすみ
百合子
百合子
うん。おやすみ。ありがとうな
朝彦
朝彦
もしかして、これで百合子ちゃんも信作君のこと意識し始めるかも?

三津がノートを奪い返した!

一方、かわはら工房には、喜美子と八郎が二人で話をしていました。

喜美子
喜美子
警察が実家に連絡する言うてたやん
八郎
八郎
あぁ、弟子らのな
喜美子
喜美子
それ、やめて下さい言うたやん?被害届も出すほどのことやない言うて。ほやから何もないことになってしもたけど…
八郎
八郎
あかんかった?
喜美子
喜美子
あかんことないよ。ノート一冊だけやもん。ほやけど…あのノート、もう戻ってこうへんな…
八郎
八郎
う〜ん…。今頃ノート広げて「何やこれぇ!?」言うてるんちゃう?
喜美子
喜美子
そやな。「何やこのノート!?」言うて(笑)

するとそこへ、なんと三津が息せき切ってやって来ました。

三津
三津
ハァハァハァ…。何やこのノート!

三津はそう言うと、盗られたはずのノートを二人にバーンと見せつけます。そして、テーブルの上にバンッと置きます。

三津
三津
どういうことですか!?
八郎
八郎
めおとノートいうて昔な…
喜美子
喜美子
それ今説明すんの?
八郎
八郎
あぁ…いや。そっちこそどういうこっちゃ?
三津
三津
盗って行くところを見たんです!私、てっきり釉薬の調合が書いてあるノートだと思ったから。そんな大事なもの盗られたら大変だと思って、追いかけて取り返して来たんです!
喜美子
喜美子
誰から!?
三津
三津
弟子だって言ってました。弟子だから盗ったんじゃなくて、もらって当然とか言い張るんで、私も思わずひるんで、その隙にまた逃げられて!また追いかけて!
喜美子
喜美子
そんな危ないこと…
八郎
八郎
ほんまや、危ないで
喜美子
喜美子
ケガせんかった?
八郎
八郎
大丈夫か?
三津
三津
はい。大丈夫…あ〜〜大丈夫じゃないです…。ケガしましたぁ〜。弟子にしてくれたら治るでしょう…

喜美子はニヤッとして三津を見つめます(笑)。

八郎
八郎
どこケガした?
三津
三津
心。
喜美子
喜美子
フッ…
八郎
八郎
もひとつやな…
三津
三津
えぇ〜!?
八郎
八郎
笑われへんやん!
三津
三津
えっ?笑えたら弟子にしてくれるんですか?
喜美子
喜美子
うちは笑たで?
三津
三津
わぁ!笑った人がいます
八郎
八郎
弟子にはせん言うたやろ
三津
三津
はいっ…
喜美子
喜美子
ホンマ大丈夫か?ケガせんかった?
三津
三津
はい。相手の方が私の膝蹴りが命中して、倒れて鼻血出してました
喜美子
喜美子
ムチャするわぁ…もう座りぃ
三津
三津
あっ…。じゃあ、遠慮なく

八郎は、三津が取り返してくれためおとノートを手に取ると、喜美子と一緒に懐かしそうに見返します。

八郎
八郎
もうあかん思たな…
喜美子
喜美子
うん。うれしいなぁ…
三津
三津
釉薬の調合じゃなくて、ご夫婦の調合ですかね
八郎
八郎
うまいこと言うて〜。中、見たな?
三津
三津
いえ!悪いかと思って見てません。キスって書いてありました
喜美子
喜美子
えっ?書いてある?
三津
三津
書いてありますよ〜。キスって

それを見た喜美子と八郎はフフフッと笑います。

三津
三津
えぇ?日記じゃないんですか?
喜美子
喜美子
これな、結婚前にな、こういう未来になったらえぇなぁ言うて。まぁ将来設計やな。5年先までしか書いてへんけどな
三津
三津
へぇ〜。ご結婚何年ですか?
喜美子
喜美子
50年
八郎
八郎
何でそんなとこでウソつくん?
喜美子
喜美子
50年先も一緒におるやろ?
八郎
八郎
ほな100年言うとけ
三津
三津
仲良しなんですね。はぁ〜!いいなぁ〜(笑)
喜美子
喜美子
このノートな、ほんまに大事なノートやってん。ありがとう!あっ、お腹すいてへん?おむすび作ったるわ。待っとき
三津
三津
おぉ〜。では遠慮なく

そう言うと、喜美子は母屋の台所へと向かいました。

朝彦
朝彦
ハチさん、それでも三津ちゃんを弟子にはしてあげないんですね。それとこれとは別か…

三津がヒロシと別れた理由が…

作業場で二人きりになった八郎と三津。三津は棚に飾られた喜美子の作品をジーッと見ていました。一方の八郎は電気窯から釉薬の調合テストをした焼き物を取り出し、その出来栄えをチェックします。

八郎
八郎
それな…次世代展に応募しよう思て
三津
三津
おっ、新設された新しい賞ですね
八郎
八郎
せやけど別のを出品することになった
三津
三津
えっ?どうしてですか?
八郎
八郎
新しい作品作りたい言い出した
三津
三津
せっかくこういうのが出来てるのに?
八郎
八郎
それはだいぶ前に作ったやつや言うて

三津はテーブルに戻ると「ヒロシもそうでした…」と元カレの話を始めます。

八郎
八郎
あぁ、別れた恋人?えっ、陶芸やってん?
三津
三津
はい。今、益子焼の師匠の下で学びながら自ら作品も発表しています。1年前の陶芸展で奨励賞を取ってます。同じ大学で彫刻科にいたのに、私が陶芸やってたら興味持って。ひらめき型の天才肌っていうんですかね?あっという間に習得して。あっ、喜美子さんと同じです。せっかくいいものが出来ても完成した作品に執着しません。どんどん新しい作品を作っていきやがるんですっ!
八郎
八郎
作っていきやがるんか
三津
三津
作っていきやがるんです。軽々と
八郎
八郎
喜美子はちゃうで?まぁひらめき型かもしれんけど、新しい作品作りたい言い出したんは、僕のためや。一緒に前に進みたい言うてたからな…。僕の横で新しい作品を作ることで、行き詰まってんのを励まそうとしてんねん…。そういうやつや…
三津
三津
よく分かってるんですね。喜美子さんのこと
八郎
八郎
そら好きやからな

すると三津は両手で頭を抱えて「あぁ〜〜〜」とのけぞります。

八郎
八郎
あ〜!ちょちょちょ…危ない危ない!
三津
三津
よくそんな”好き”とかペロッと言いますね?
八郎
八郎
ハハハハ(←棒読み)
三津
三津
「ハハハハ」ってそんなん貫禄なくなるでぇ
八郎
八郎
もうその下手な大阪弁やめぇ
三津
三津
私はダメでしたねぇ〜。私の横で何の迷いもなく、どんどん新しい作品を作ってく。私はどんどん落ち込んで…。出来ない自分にも腹が立って。君も頑張れ!なんて言われたらますます腹が立って。才能のある人は無意識に人を傷つけます。絶えきれなくなって、別れました!
八郎
八郎
好きや言うてたやん?今でも好きや言うて
三津
三津
そうなんですぅ〜。それとこれとは別なんですぅ〜。今でも思い出すだけで胸がキューッと苦しくなる…。あぁ〜会いたいよぉ〜
八郎
八郎
フフッ。なかなか割り切れんもんやなぁ…。名前何て言うた?
三津
三津
ヒロシ
八郎
八郎
ヒロシやのうて
三津
三津
えっ!?私ですか?さっき自己紹介したじゃないですか!?
八郎
八郎
すまん、すまん。ハハッ(笑)
三津
三津
よっぽど眼中になかったんですね…。(三津は立ち上がると)松永三津といいます!

一方、喜美子は台所でおむすび4つに、ノリで顔を描いていたのでした…。

朝彦
朝彦
三津↔ヒロシ。八郎↔喜美子。似てるかもだし、八郎ももしかして…?と心配になりました…

※この続きは↓14週83話のネタバレをご覧ください!
→14週83話ネタバレあらすじ「僕と喜美子は違う人間や」

スカーレット14週[82話]の感想「離婚するとすれば…」

朝ドラ・スカーレットの14週【82話】のネタバレ(あらすじ)はいかがだったでしょうか?

松永三津ちゃん…。これはとんでもないキャラクターの子が登場しましたね。
これでまた私の不安がさらに現実のものとなりそうで胸騒ぎがします。

三津ちゃんがヒロシと別れた理由が、そのまんま八郎と喜美子の離婚の理由になりそうで…

・ひらめき型の天才肌
・あっという間に習得して
・完成した作品に執着しない
・どんどん新しい作品を作っていきやがる

↑もうこれ、ほぼ喜美ちゃんですよね?しかもそれを三津ちゃんも言い当ててますし。

でもスカーレットは、こんな朝ドラ素人の私の予想の斜め上を行ってくれますから、かえってスッキリした気もします。

それと!
いよいよ信作&百合子がいい感じに男女の仲になりつつありますね。
しかも大野夫婦は大歓迎って言ってますから、これは期待が持てます。
…と言いつつ、裏切ってくるのがスカーレットですから、油断なりません(^_^;)

スカーレット14週[82話]の世間の反応

ここでは、スカーレット14週【82話】の放送を見た世間の反応をご紹介したいと思います。
世の中にはたくさんの朝ドラファンがいらっしゃって、様々な意見を見て勉強させて頂いています。

次回のスカーレット あらすじは…?

最後に、次回のスカーレットのあらすじをご紹介します。

喜美子と八郎が記した夫婦ノートが盗まれ、弟子入りを望む三津が取り戻す。
喜美子は新しいものに意欲的な三津の存在は今、創作の壁にぶつかっている八郎の刺激になるのではと考える。
そこで三津を弟子にすることを八郎に提言。受け入れられる。
早速、作陶する八郎の側で三津は使っている土について提案をする。
一方、信作と百合子が神社でおみくじを引いた所…

以上で、朝ドラ・スカーレットの14週第82話のネタバレ(あらすじ)と感想を終わります。
いつもありがとうございます。

※この続きは↓14週83話のネタバレをご覧ください!
→14週83話ネタバレあらすじ「僕と喜美子は違う人間や」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です