スカーレット

スカーレット[6話]ネタバレあらすじ感想「照子が喜美子にキス!?」

おはようございます!朝彦です。
ここでは、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』の【6話】のネタバレ(あらすじ)、放送を見た感想を書きたいと思います(6話は2019年10月5日(土)に放送されました)。

ではさっそく、朝ドラ・スカーレット【6話】ネタバレ(あらすじ)&感想に参りましょう♪


朝ドラ スカーレット【6話】のネタバレ(あらすじ)

※ここからはNHKの『連続テレビ小説(朝ドラ)・スカーレット』6話のネタバレ・あらすじを含みます。ご注意下さい。

昭和22年。信楽に来て、初めての冬がやって来ました。

水道も電気もなかった喜美子の家に電気がつきました。常治が茶の間の明かりを点けると喜美子たちは「おおぉ〜!電気やぁ〜!」と歓声を上げます。

さらにお風呂も出来ました。常治が仕事の合間に少しずつ作って来たものが完成したのです。風呂釜の火を担当するのは喜美子です。炎の大きさを確認しながら温度を見極め、適切な量の薪をくべなければなりません。

最初の頃は加減が分からず熱すぎたり、冷たすぎたり、よく常治に叱られました(笑)。しかし、何度も失敗を繰り返すことで、今ではもう玄人並の腕前になっていました。

庭にも小さな畑を耕し、そこでも収穫出来るようになりました。畑の世話も喜美子の役目でした…。

朝彦
朝彦
キミちゃん、本当に大活躍ですね。エライっ!お母さんも助かるでしょうね

借金取りとすれ違う常治

そんなある日、問屋の集まりに行かなければならないと、常治が週明けまで家を留守にします。常治は子どもたちに「お土産買うてくるな。いい子にしとけよぉ」と声をかけて出ていきます。

家の玄関を出ると、急にマツが「えっ!?また足らへんの?この前持ってたお金は?」と常治に迫ります。常治はにこやかに「おぅちゃんにラジオ頼んだんや。ラジオの代金や。今どきラジオの一つも持たんとどないすんの?」と悪びれもせずに言います。

マツは困ったように財布からお金を取り出して「すぐに羽生えて飛んで行くなぁ…」と常治に渡します。

常治が山道を歩いていると、二人の男とすれ違います。すると「お宅…川原さん?川原常治いう男を訪ねてきたんですけど…」と聞かれます。常治は帽子を目深に被り「だ…誰や、それ?」と白を切ります。そして…

「あっ、さっき出て行ったわ。しょうもない男やろ?大阪で借金こさえて逃げて来たいう…。ちゃう?その川原やろ?」

常治はそう言うと「はよ追っかけな。琵琶湖のほうまで行ってずーっと逃げる言うとったで!ほらほら、はよ行ったほうがええ!」と二人の男の背中を押し、出来るだけ遠くまで追いかけるように仕向けるのでした(笑)。

朝彦
朝彦
常治さん、悪いわ〜(笑)

照子に恋文を託される喜美子

その日の学校で。照子が急に「勉強出来るようになったんは、誰のおかげかしら〜?」と喜美子に恩着せがましく話しかけてきます。

喜美子が「何して欲しいの?」と嫌そうに聞くと、実は照子は信作の事が好きで、恋文を渡して欲しいらしく…。

朝彦
朝彦
普通に頼めばいいのに(笑)小学生らしくてかわいいですね(笑)

学校の帰り道、喜美子は照子と一緒に大野雑貨店に寄ります。照子は物陰に隠れ、喜美子だけがお店に入っていきます。しかし信作は熱を出して寝ているとのこと。仕方なく喜美子は陽子に恋文を渡します。

それを見て「これ恋文ちゃうの?ませた子やなぁ」と驚く大野夫婦(笑)。でも陽子は自分の子が好かれていることに喜びます。

朝彦
朝彦
中身見ちゃっていいの??(笑)

「墓地で待ってます 照子」陽子は寝ている信作にそれを見せて、ちょっとおどけて読み上げるのでした(笑)。

照子、信作にフラれる

そして約束の場所で待つ照子と喜美子。喜美子が「墓地なんて普通来えへんでぇ」と不満を漏らすと照子は「知らんの?若い男と女が人目を忍んで会ういうたら、こういうとこ来るんやで」と言います。実は照子にはお兄さんがいて、兄がそうやって女性と会っていたらしく…。

喜美子は「人目を忍んで何すんのん?」と無邪気に聞くと照子は「いけないことよ。いけない事をしたくなるのが、人を好きになるってことなのよ…」と分かったかのように言います。喜美子にはさっぱり意味が分からないようで(^_^;)

するとそこへ信作がやって来ます。照子は「もっと向こうやで。来て!」と奥の方へ行ってしまいます。喜美子が「大丈夫なん?」と聞くと信作は、「来いひんかたったら余計熱が出そうやったから」と言います。

喜美子が「ほな、ごゆっくり」と帰ろうとすると、信作は「ほんま言うて、もう辛いねん。考えるとしんどい…。”もう、やめてえや”って言うて欲しい」と喜美子にお願いして来たのです。喜美子は「自分で言え!」と言うのですが…。

結局、信作は帰ってしまいます。その事を喜美子はなぜか変顔で照子に伝えます(笑)。

しかし照子は「うすうす分かってたわ。窯元の娘と雑貨屋の息子じゃ、身分が違いすぎる」と強がります。

用が済み、喜美子が帰ろうとすると照子が今日は兄の誕生日だから挨拶して行ってやと言います。照子のお兄さんは戦争に行って帰って来なかったそうです…。なので遺骨はないのですが、ここのお墓に眠っていると言うのです…。

兄は年がだいぶ離れているらしく、照子はもちろん信作のこともよくかわいがってくれたそうです。去年までは信作も一緒にここで「おめでとう」と言ってくれていたそうですが…。そして二人はお墓の前で手を合わせるのでした…。

朝彦
朝彦
もしかして信作は今日が照子のお兄さんの誕生日だと知って、照子の気持ちも分かってて…。それで辛くて熱が出たのかもしれませんね…

喜美子と照子がキス?

お兄さんへの挨拶が終わると、照子は「ここや!ここ!」と言って、大きな木の下に走っていきます。以前、お兄さんが女性と「いけないこと」をしているところを、照子は木の陰から見ていたそうです(笑)。

「ちょうど、この木に寄りかかっててん!」と二人でその時のシーンを再現します。こんな↓感じです。

実はそれは、お兄さんが出征する前日の事だったそうです…。すると突然照子は「もっといけないことよ…」と言い、喜美子の唇にキスをしたのですっ…

照子「こんな感じやったんよぉ。いつかうちらもこんないけないことをする日が来るんやねぇ」
喜美「せぇへんわ!絶対こんな事ようせんわ!何してくれんねん!ペッ!汚っ…」

喜美子とは対象的に「楽しかったなぁ〜?楽しかったから、お友達になってあげてもええよ?」と上機嫌です。しかし喜美子は「いらんわ!べぇ〜だ!」と言うと、走って逃げていったのでした。

朝彦
朝彦
この二人、キスしちゃったし、もう大親友ですね(笑)

借金取りが上がり込んできた

家に帰ると、以前常治がすれ違った借金取りが喜美子の家に上がり込んでいました。

マツはすぐに喜美子に「お風呂を焚いてくれる?」とお願いします。男たちは常治に騙されて琵琶湖のほうまで行き、体が冷えたから風呂に入れろと言っています。

「お父さん帰ってくるまで、おらせてもらいます」

喜美子はお風呂を炊きながら「どないしよう…」と震える思いで喜美子は懸命に考えます。

一方、その頃。ある一人の男性が信楽に向かって歩いていました。

朝彦
朝彦
キミちゃん困りました…。そして、この男性は一体!?

※この続きは↓第7話のネタバレをご覧ください!
→第7話ネタバレあらすじ「常治が喜美子を引っ叩く」

スカーレット【6話】の感想「照子ちゃんも辛いね…」

朝ドラ・スカーレットの第6話のネタバレ(あらすじ)はいかがだったでしょうか?

やっぱり今回は照子と喜美子のキスシーンで全て持っていかれました(笑)。
小学校4年生くらいって、ちょうどこういう事に興味を持ち始めますよね。いや〜、びっくりしました。
子役のお二人の演技にも脱帽です。すごいし、尊敬しますm(_ _)m

あとは、何不自由なく生活してそうな照子にも、こういう辛い過去があったんですね…。
特にこの時代の人たちは、誰でもそういう辛い過去を背負って行きてきたんだなぁと思いました。

最後に信作くん。よっぽど照子ちゃんが嫌だったんですね…。
ただ、まだ男の子のほうが精神年齢は低いし、特に照子ちゃんはませてるし、もう少し大きくなったら「この二人、あるかも?」と思いました。

さて、来週からは大人の喜美子や照子が登場しますね。
かわいい子役さんたちに会えなくなるかと思うと寂しいです(泣)。

スカーレット【6話】の世間の反応、感想をご紹介

最後に、スカーレット【6話】の放送を見た世間の反応をご紹介したいと思います。

以上で、朝ドラ・スカーレットの第6話のネタバレ(あらすじ)と感想を終わります。
いつもありがとうございます。

※この続きは↓第7話のネタバレをご覧ください!
→第7話ネタバレあらすじ「常治が喜美子を引っ叩く」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です