スカーレット

スカーレット8週47話ネタバレあらすじ「マスコットガール喜美子誕生」

おはようございます!@朝彦です。
ここでは、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』の8週【47話】のネタバレ(あらすじ)、放送を見た感想を書きたいと思います(8週47話は2019年11月22日(金)に放送されました)。

ではさっそく、朝ドラ・スカーレット8週[47話]ネタバレ(あらすじ)&感想に参りましょう♪
※第8週全体のネタバレ&あらすじは↓こちら↓
→第8週のネタバレあらすじ


朝ドラ スカーレット8週[47話]のネタバレ(あらすじ)

※ここからはNHKの『連続テレビ小説(朝ドラ)・スカーレット』8週47話「マスコットガール喜美子誕生」のネタバレ・あらすじを含みます。ご注意下さい。

絵付けの作業場に戻った喜美子は、自分のデザイン画が採用されたことをフカ先生に報告します。フカ先生は「そらよかったなぁ〜」と喜んでくれます。

そして敏春が「ええものであれば、どんどん採用していきます」と言っていた事を伝えると、弟子の池ノ内と磯貝も目を輝かせて喜びます。フカ先生は「ほな、一番も二番も持っていったらええ。おちおちしてられへんなぁ!」と発破をかけます。

そして四人は元気よく朝の体操を行うのでした。

朝彦
朝彦
これで池ノ内さん、磯貝さんとも切磋琢磨出来ますねっ!

信楽初の女性絵付け師として新聞に!?

そこへ「川原さんっ!!」と加山が喜美子を呼びにやって来ます。
社長室に向かった喜美子は「信楽初の女性絵付け師…!?うちがですか?」と驚きます。

秀男は「デザインが採用されて、晴れて喜美ちゃんは一人前の絵付け師になったいうことや。おめでとう!」と祝福してくれます。隣にいた和歌子も「おめでとう!」と言ってくれます。

すると、敏春は「そういうことで、滋賀毎報(新聞)さんに載せてもらえることになりました」と、知り合いの新聞記者を連れてきていました。敏春が独身時代、京都にいた時の知り合いの部下さんのようです。

秀男「”信楽初”いうてな」
和歌「婦人がええんちゃう?」
秀男「婦人絵付け師?」
敏春「”女性”絵付け師で!」

話の主導権はすでに敏春に委ねているようで、秀男は「こんな新聞載せるような話持って来るいうんは大したもんやぁ〜!」と珍しく敏春をべた褒めします。

ということで、次の日曜日にカメラマンも来てもらって、絵付けしているところを撮ったり、取材が行われる段取りとなりました。喜美子はまだ戸惑っている様子でしたが、とりあえず「よろしくお願いします」とお願いするのでした。

朝彦
朝彦
喜美ちゃんが新聞に!?すごいですねっ!!頑張ったかいがありました

お父ちゃんには言わんでええ!by百合子

その夜。話を聞いた百合子は「喜美子姉ちゃん、新聞載るんけ!?」とビックリします。マツも「あらぁ〜、そんな話がぁ?」と嬉しそうです。そして「いやぁ〜新聞て悪いことせんでも載ることあるんやねぇ」と天然さんも炸裂します(笑)。

すると、百合子が「お父ちゃんには…言わんでええの?」と疑問を投げかけます。喜美子が「まだ東京や。帰ってきてへん」と言うと、百合子はまた「言わんでええのぉ〜?」と意味深な声で聞いてきます。

マツ「ええよ」
喜美「やめとことか…」

マツと喜美子は、同時に逆のことを言います。百合子は「えっ、どっち?」と聞きます。喜美子は以前、丸熊陶業の忘年会に行きたいと常治に言って激怒されたことを思い出したのです。

常治「何が忘年会や!女のくせにお前。そんなもん絵付け以外のこと許した覚えあるか〜い!」

喜美子は「また怒るさけ、やめとくわ」と急にソワソワしだします。マツは「今から断れんのん?そういう事も絵付けの仕事のうちに入るんちゃう?」と言うのですが、喜美子は「絵付けとは関係ないやん」と聞こうとしません。

すると、急に百合子が大きな声を上げたのです。

「お父ちゃんには言わんでええっ!言わんかったらきっと分からへん…。新聞もばれんように隠して、見せんかったらええだけや」

マツは「どないしたん?百合子っ!?」と百合子の豹変ぶりに驚きます。

「もうな、直姉ちゃんもいいひんようになった今、うちがしっかりしんと!任しとき!お父ちゃんのことはうちに任しときっ!」

さすがの喜美子も目を丸くして驚くのでした(笑)。

朝彦
朝彦
(喜美子+直子)÷2 = 百合子!

ブチ切れてしまう喜美子

そして次の日曜日。丸熊陶業の絵付けの作業場で、喜美子に対する取材が行われました。取材を受けるのは喜美子と秀男の二人。それを敏春が後ろから見守ります。

まず改めて名前を聞かれる喜美子。普通に「川原喜美子です」と答えると「それやと固いんで…」と注文が入ります。喜美子が戸惑っていると横に座っていた秀男が「キュウちゃん呼ばれてる。弟子入りしたんが9番目やさけ。深野心仙のな」と言います。

しかし新聞記者の男性は深野心仙の事を全く知らないらしく、キョトンとしています。秀男は「あんた、記者が深野心仙知らんの?あれやで、戦前には芸術賞受賞もされやった偉い先生や!」と不満げです。

それでも敏春は「それは入れんでもよろしいです。必要あらへんでしょう。信楽初の女性絵付け師の話に絞って」と記者に指示を出します。記者の男性も「そうですよねぇ」と言うと、敏春は「丸熊陶業のマスコットガール!みたいな感じで」と言います。

記者の男性は「マスコットガール。もちろんです!そやから、愛称が必要なんです」と話が変な方向へと進み始めます。すると後ろにいた別の新聞社の人が「せやけど、キュウちゃんいうのはなぁ…」と口を挟んできます。さらにカメラマンの男性が「”ミッコー”どうです?喜美子のミッコー!」とこれまた変な愛称を持ち出したのです。

記者の男性は「あぁ〜、ミッチー・ブームに乗っかって”ミッコー”なぁ」と乗り気です。しかし、ずっと我慢していた喜美子は、とうとう不満を爆発させます。

「それは違うんやないですか?うちは三年間、深野心仙先生のもとで学ばせてもろて、ようやく絵付けで食べていけるようになったんです。必要なんは、そういう話ちゃいますか?」

しかし、敏春は全く喜美子の意見を受け入れようとしません。逆に「ホットケーキいうのん食べはったことあります?」とまた訳の分からないことを聞いてきます。

喜美子が「ホットケーキ?」と言うと、敏春は勝手に「好きな食べ物はホットケーキいうのはどうでしょう?絵付けで食べていけるようになって…」と記者に言うと、記者の男性も「あっ!ホットケーキ食べるのが夢やった!」と敏春のウソの話に乗っかってきます。

敏春「そういう話やと可愛いんですけどね」
記者「ええですね!可愛い!」
喜美「もう!やめて下さいっ!」

「うちそんなんやったらやりません!やりたくないですっ!」

喜美子はとうとうブチ切れてしまったのでした…。

朝彦
朝彦
喜美ちゃんが怒るのも当然です…

照子が喜美子を説得

喜美子以外の男性陣は全員、作業場の外にいました。敏春が「お待たせしてすみません」と新聞社の人に謝っています。

作業場では、照子が「やりたくないのん?どうしても?」喜美子の気持ちを聞いてあげていました。喜美子は「マスコットガールやで?」とありえないといった感じで不満を漏らします。照子も「柄やないわなぁ…。分かるよ喜美子の気持ち」と寄り添います。

すると照子は、自分がなりたかった夢を諦めたという話をします。

「喜美子…覚えてる?うち婦人警官になりたかった。ほやけどなりたいいうことすら言えへんかった。丸熊陶業継がなあかんしな。やりたいことやってる喜美子をうちはほんまええなぁ思うて来たよ。この三年、ようやった思てる」

すると照子は、喜美子の説得を諦めたのです。

「うちも少し大人になったし、喜美子の気持ち尊重したるわ。敏春さんには説得出来ひんかった言うとくわ」

こう言い残し、照子は作業場を出て行きます。すると喜美子は「照子…」と照子を呼び止めたのです。

出て行く扉の前で立ち止まった照子は、ゆっくり振り返ると「うちの顔…、立ててくれるかいのう?」と申し訳無さそうに言います。喜美子は(仕方ないやん…)といった感じで無言で顔を歪めます。

照子は喜美子の元に駆け寄ると「うちの顔、立てて下さい。お願いしますっ!なっ?なっ?」と両手を合わせて喜美子にお願いするのでした…。

朝彦
朝彦
押してダメなら引いてみろ?照ちゃんの作戦にまんまと引っかかった!?

こうして、喜美子は照子と一緒に作業場を出ると、「お騒がせして、すみません。わがまま言うて、申し訳ありませんでした。最後までしっかりやらせて頂きます」と謝ります。秀男は「はぁ…よかったぁ〜!」と本当に嬉しそうにしていました。

秀男とは対象的に、クールな敏春は「申し訳ないけど…この格好で、マスコットガールは…」と喜美子の服装を取り替えるように言います。喜美子は急いで家に戻るのでした…。

喜美子の衣装探しで大騒動

喜美子は「大変やぁ!こんな格好アカン言われた!」と家に戻ってきます。

現在の時刻は9時半です。喜美子は2時間で丸熊陶業に戻らなければなりません。それを聞いたマツも百合子も大慌てです。三人は一緒になって服をあさります。

百合子「うちの一張羅や!」
喜美子「ちっちゃい、ちっちゃい!」
喜美子「これでええんちゃう?」
マツ「それお父ちゃんのや!大きいやん!」
喜美子「何で持ってきたんよ?」

するとそこへ信作がやってきて「おう!何か東京から電話来たで、おじさんから。宿にいるし、かけ直してくれ言うてた。何してんの?」と言います。すると百合子が「来たな…電話か。うちに任して!」とドスの利いた声で言います(笑)。

信作が帰ると、今度は陽子が「マツさぁ〜ん!」と服をたくさん抱えて息せき切ってやって来ます。マツは「ありがとう!ありがとう!」とお礼を言って、陽子が持って来てくれた服を次々と喜美子にあてがいます。

しかし…なかなか思うような服は見当たりません…。そして一時間が経過し、時刻は10時半を過ぎます。陽子以外にももう二人ほど近所のおばさんたちが来てくれて、どれがいい??と模索しています。

喜美子は「もうぅ〜!一時間もないでぇ」と一人で焦っています(笑)。

「これは?これ…??」
「あかん、あかん、あかん…」

久恵が「言うたら何やけどよぉ?貧乏くさい…」と言うと、マツも「隠しても隠しても貧乏はこぼれ出るなぁ」と名言を漏らします(笑)。

これには喜美子も「あかん、あかん」とどうしようもないといった諦めの表情を浮かべます…。

そこにもう一人”有子”というおばさんが「ごめんください!」とやって来てくれました。居間にいたおばさんたちは一斉に「あぁ〜〜!はよ!はよ!」と歓声を上げます。

朝彦
朝彦
おばさんたちのノリ(笑)。ついて行けません(^_^;)

一方その頃。大野雑貨店の電話で、百合子が常治と電話で話をしていました。

「大丈夫や。もうしつこいなぁ。そやさけ何も変わったことない言うてるやん。えっ?喜美子姉ちゃん?う〜ん…喜美子姉ちゃん…」

そう言うと、隣に立って喜美子のモノマネの準備をしていた信作が電話を奪い「もしもしお父ちゃん?喜美子」とバカっぽい変な声を出します(笑)。しかし次の瞬間、パッと表情が真面目に戻ると「すみません…信作です。おじさんどうですか東京?」といつものトーンに戻ります。

信作が「いつ戻らはりますの?おやじ寂しがってますよ」と言って、今度は大野に受話器を渡します。そして大野までもが「もしもし?喜美子です。ブハハハハッ(笑)」と大笑いするのでした(笑)。

朝彦
朝彦
大野家のみんなも喜美ちゃんの事、必死で内緒にしてくれてるようですね…。有り難や…

マスコットガール喜美子誕生

そして川原家では。衣装も決まり、陽子が喜美子に口紅を塗ってあげていました。後ろからマツが嬉しそうに喜美子を見つめています。

陽子が「は〜い、完成っ!」と言うと、見守っていたおばさんたちも「うわ〜!ええやん。ステキやん」と褒めてくれます。すると久恵さんが「言うたらなんやけどよ、キチンとすると美しい子やぁ〜」と微妙な表現で褒めてくれます(^_^;)。

するとマツが感極まって、「ほんま…(泣)ありがと…(すすり泣き)」と涙ながらにみんなにお礼を言うのです。喜美子は「えっ…!?」とマツの涙にちょっと引き気味になります(笑)。

「きれいになってぇ…。この子、絵付け、絵付けばっかりで(泣)、成人の集いにも出ぇへんかったんよぉ〜」

喜美子は「あんなん、ただの集まりやん」と言うのですが、陽子は「親にしてみたら、そうやないんよ。大人になった節目やし。この三年間、どんだけ心配したか…」とマツの気持ちを代弁してくれます。

「写真…行っといで。とびっきりええ顔して写るんやで(泣)」

喜美子はマツが本当に嬉しそうにしているのを見て、「うん」と笑顔で答えるのでした…。

朝彦
朝彦
マツさんなりに、いろいろと心配してくれてたんですね(T_T)

そして…丸熊陶業の作業場では、慣れないハイヒールを履いた喜美子が立っています。

「はい、じゃあいきますよ〜。あっ、あの〜顔をカメラの方に向けてもらえますかね?こちらに。はい、じゃまず一枚もらいま〜す!あ〜いい感じです」

「あっ次はその火鉢にちょっと手を添えてもらえますかね?そうです、そうです」

「え〜っとね…ああ、ちょっと顔を火鉢に近づけてもらえますかね?はい、いきますよ〜」

撮影中はトンチンカンなことばかりさせられ、喜美子は不本意な思いでいっぱいでしたが、「うちの顔、立てて下さい」と言った、照子の顔と、母の涙を思い出し…。そしてこれも、絵付けの仕事と思い、喜美子はなんとかこの撮影を乗り切ったのでした…。

朝彦
朝彦
時にはこういう事も必要かもしれませんね(^_^;)

険しい表情を浮かべる八郎…

翌日、部屋で八郎が新聞を読んでいました。

『丸熊陶業のマスコットガール』
『信楽初の女性絵付け師 川原喜美子さん』

しかし、なぜか眉間にシワをよせて険しい表情を浮かべています。いったい、どうしたというのでしょうか…。

※この続きは↓8週48話のネタバレをご覧ください!
→8週48話ネタバレあらすじ「八郎がフカ先生に号泣謝罪」

スカーレット8週[47話]の感想「マツさんに泣かされた」

朝ドラ・スカーレットの8週【47話】のネタバレ(あらすじ)はいかがだったでしょうか?

こんなにマツさんの言葉で涙が出たのは47話にして初めてではないでしょうか??
常治さんにはこれまでも何度も泣かされて来たのですが、今日のマツさんにはジィーンと来てしまいました(T_T)

やっぱり女の子ですもんね?
年頃ですもんね?
仕事しないのも困りますが、仕事しかしないのも困ります(^_^;)
マツさんなりにヤキモキして、いつも陽子さんに相談していたのでしょう…。

スカーレットっていうのは、笑いあり、涙ありの忙しい作品ですね(笑)。
いつも楽しく見させて頂いてます。感謝っ!

それと、照ちゃんには悪いですが、敏春さんがちょっと人間味が無いというか、喜美子の気持ちを全く考えずに動いているのがちょっと不気味でした。

照子が喜美子の説得に成功した時も、秀男さんは「はぁ〜よかったぁ〜」と心底安心した感じだったの対して、敏春さんは「じゃ、2時間時間取ります」みたいな(^_^;)。
なんだか上手く言えませんが、ちょっとクール過ぎて恐怖さえ覚えました。

今回だって、別に照ちゃんまで巻き込む必要はなく、ちゃんと話し合って落とし所を探るべきだったと思うんです。
マスコットガールとして興味を引きたい気持ちも分かるのですが、思いっきり偽りの姿ですよね??
ホットケーキの件だってそうだし、でっち上げもいいところです。時代かもしれませんが。
こんなことばっかりしてたらいつかボロが出るのでは?と心配になりました。照ちゃんの旦那さんだけに…。

そして、最後に八郎さん。なんで怒ってるの??

スカーレット8週[47話]の世間の反応、感想をご紹介

最後に、スカーレット8週【47話】の放送を見た世間の反応をご紹介したいと思います。

次回のスカーレット あらすじは…?

最後に、次回のスカーレットのあらすじをご紹介します。

喜美子は信楽初の女性絵付け師として担ぎ上げられる。しかし新聞には師匠の深野への言及がない。新入社員の八郎がいら立って…

「信楽初の女性絵付け師」として、新聞紙面を飾った喜美子。
会社の若社長・敏春のアイデアでニックネームも付けられ、アイドル扱いで担ぎ上げられる。
しかし記事には肝心の絵付け師としてのキャリアや師匠の深野の紹介もなく、社内の波紋を呼ぶ。
なぜか新入社員の八郎が喜美子にいら立ち、深野にある告白をする。
一方、東京から戻った常治から聞かされたのは…

以上で、朝ドラ・スカーレットの8週第47話のネタバレ(あらすじ)と感想を終わります。
いつもありがとうございます。

※この続きは↓8週48話のネタバレをご覧ください!
→8週48話ネタバレあらすじ「八郎がフカ先生に号泣謝罪」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です