スカーレット

スカーレット[21話]ネタバレあらすじ感想「川原家に泥棒!一文無しに」

おはようございます!朝彦です。
ここでは、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』の【21話】のネタバレ(あらすじ)、放送を見た感想を書きたいと思います(21話は2019年10月23日(水)に放送されました)。

ではさっそく、朝ドラ・スカーレット【21話】ネタバレ(あらすじ)&感想に参りましょう♪


朝ドラ スカーレット【21話】のネタバレ(あらすじ)

※ここからはNHKの『連続テレビ小説(朝ドラ)・スカーレット』21話のネタバレ・あらすじを含みます。ご注意下さい。

ちや子の職場で試しに働かせてもらった当日の深夜。喜美子は今後荒木荘に残るのか、それともちや子の新聞社にお世話になるのか、絵を描きながらじっくり考えた結果をちや子に話します。

「うち…こういう絵描くこと好きです。お金も好きです。荒木荘の皆さんのことも、大久保さんのことも…腹立つことはあっても好きです。ほやけど平さんもええ人で…新聞社の雑用いう仕事もやってみたい。あそこで働いていたら新しいこと、自分がよう知らん新聞に載ってるようなことを知る事が出来ます。ちや子さんの職場大変そうやけど好きです。」

ちや子は「なんや、好きばっかりやな!」とツッコみます。喜美子は続けます。

「逆に…ほしたら嫌いなことは何やろう?考えました。うちの嫌いなこと、”途中で放り出すこと”です。うちはまだ大久保さんに認めてもろえてません。今ここで荒木荘辞めたら途中で放り出したことになる…。そういうのアカン、嫌いや。」

ちや子は「ほな、辞めへんの?」と聞きます。喜美子はまだ続けます。

「平さん、言うてました。ちや子さんにはブン屋の誇りがあるて。それで思い出したんです。昔お父ちゃんに言うたった…”女にも意地と誇りはあるんじゃぁ〜〜!!”」

「意地と誇りをもってこの仕事をやり遂げなあかん。大久保さんに認めてもらえるまで。荒木荘の何から何まで目ぇつむっても出来るくらいしっかりやれるようになるまで…。辞めません。うち、ここで頑張ります」

喜美子が出した結論は”荒木荘に残る”でした。それを聞いたちや子は「そうか…。何や…かえってうち惑わしただけみたいな…」と言うと、喜美子はそんな事ないと続けます。

「いいえ!嬉しいです。他にもあるいうことが分かりました。ここだけやのうて…うちにもやろう思うたら、他にやれる事がある。ここの他にも自分の進む道があるんや。それが分かっただけでもすごい嬉しい。力が出ます。前よりずっと。ずっと頑張れます。ありがとうございました」

ちや子は「いつか…ここ卒業したらな。荒木荘卒業したら…次行きぃ。自分のやりたい事見つけて、やりたい道に進んだらええ。お金貯めて、いつか…」とアドバイスをくれます。ちや子の話を聞いた喜美子はふと、さっきまで描いていた絵を見つめます。そして「そうですね…いつか…お金貯めて…。自分で…」とつぶやきます。

ちや子は最後に「月給1,000円で貯めるの難しいけどな!(笑)」と笑いながら励ましていました(笑)。

朝彦
朝彦
喜美ちゃんがいろいろな事を体験して、その結果自分で考えて答えを出した事がよかったですね

喜美子の残留と圭介のつらい過去

翌日。下着ショーを無事に終えた社長のさだは、今日から一週間東京へ出張に向かいました。

喜美子「行ってらっしゃいませ」
大久保「お気張りやっしゃぁ!」

朝彦
朝彦
”お気張りやっしゃ”って初めて聞きました(^_^;)

荒木荘では、圭介が出かける前の身支度をしながら、喜美子に亡くなった妹の話をしてくれます。

「6つ下の生意気な妹でな。僕のこと”圭介、圭介”言うて、呼び捨てや。病気で死んでもたけどな…。終戦の翌年、原因不明の光熱で…あっという間やったなぁ…。最後、僕の手握りながら逝ってもうた…」

朝彦
朝彦
圭介さんにもそんな辛い過去が(T_T)

「喜美ちゃんが、荒木荘辞めんといてくれて、ほんま嬉しいわ。ホッとした」

さらに圭介は「雄太郎さんも喜美ちゃんがおった方が楽しい言うてたで」と伝えてくれます。そして「今度、みんなで美味しいもんでも食べに行こ。連れてったるわ」と優しい言葉をかけてくれたのでした…。

朝彦
朝彦
なんだか本当に、みんな優しいですね(T_T)

川原家にドロボウが!?

信楽で事件が起きたのは、このすぐ後のことでした。

常治がハァハァと息を切らせながらリヤカーを引いています。常治は取引先のお客さんに「えらいすんまへん!いや…うちの若いのがいきなり休みよって。すんまへん!」と平謝りです。なにやら、常治の雇った保と博之が無断で仕事を休んだようなのです…。

朝彦
朝彦
嫌な予感がしますね…

そして常治は疲れ切った体でリヤカーを引きながら家に帰ると、「どないしょ!?どないしょ!?どないしょ!?」とマツがただ事ではない慌てぶりで道に出てきます。

マツは常治を見ると「うちが…うちが…!直子と百合子が…。そんで、うちが!」と慌てふためきます。常治も「どないした!?」と急いで家に入ると、直子と百合子が大声を上げて泣いているではありませんか!!

常治は「おい!何や、どないしたんや?どない…」と急いで子どもたちに駆け寄ると、「何や!こらぁ?」と家中が荒らされていることに気付きます。

マツが子どもたちを連れて買い物に出かけて帰ってくると、家の中がこのような状態になっていたと言うのです。マツはちょうどお巡りさんを呼びに道を出た所を常治とバッタリ会ったのでした。

常治「その前に、のうなったもん無いか見ぃ!泣いてる場合ちゃうやろ!ほら!見ぃ早く!」

朝彦
朝彦
もしかして、あの若い二人が!?

家の中はスッカラカン…一文無しに

慌てて家の中の財産を探すマツと常治…。するとマツが「あったぁ〜!」と叫びます。喜美子から現金書留で送られてきた初任給を使わずに大事に置いていたのです。

急いで常治も駆けつけます。そして封筒の中身を確認するとやはり…。

常治「アホォ〜!空っぽやがなぁ!」
マツ「ほな…お金…!?」
常治「あらへん…すっからかんや…」

力が抜け、その場にへたり込む常治…。するとそこに陽子が「マツさんいやる?タケノコもろてん。タケノコ要らん?」とやって来ます。すると直子が「お母ちゃん!うちのお駄賃もない!取られたぁ…」と嘆いています。

状況を把握した陽子は口をあんぐり開けて言葉を失うのでした…。

朝彦
朝彦
何で川原家に?常治さん何か恨みでもかったのですか?

それでも、若い二人を気遣う常治

その晩、大野もやって来て「何で警察に言わへんのです?若いもんと連絡取れへんのでしょ!?あの二人」と常治に詰め寄ります。

【回想シーン】–ここから–
保「ご苦労さまでした」
博之「ご苦労さまでした」
常治「おう、ご苦労さん」
若い二人が深々と常治に頭を下げる…
【回想シーン】–ここまで–

「無断で仕事休んで連絡取れへんて。そんなもん絶対あの二人が…」と大野も若い二人を許せないようです。そんな大野を陽子が止めます。

すると常治が「おばあちゃん、具合悪い言うとった…。病院かかるよって大変やさかい、なんとかならんか言うて…」と思い出したように言葉を絞り出します。

大野が「ほなやっぱり、ジョーさん!」と言うと、それでも常治は二人を気遣うのです…。

「いや…。まだ誰か分からへんわ!誰か分からんけど…申し訳なかった言うて…返しに来るかも知らん。朝まで待ったろう…」

しかし…。願いは虚しく、朝になっても戻ることはありませんでした…。

朝彦
朝彦
おばあちゃんの病院代が無くて、止むに止まれず川原家に盗みに入った?

常治が大阪・荒木荘に乗り込んで来る?

翌朝、荒木荘に一本の電話がかかってきました。喜美子が出ると「喜美子?喜美子やろ?俺や、信作や!」と電話の主は大野信作でした。喜美子は「初めてうちに電話や!ここの番号知ってたん?何や朝から、どないしたん?」と聞きます。

すると「喜美子姉ちゃん!直子や!」と電話の向こうから直子の声がします。喜美子は「何かけてんの。お金もったいないやろ!?お母ちゃんのお手伝いしてんの?お父ちゃんに叱られてない?百合子はどうしてる?あっ学校は!?」と心配します。

今はそれどころではない直子は「うるさい!うるさい!うるさい!」と叫びます。そして信作がもう一度受話器を持つと、川原家で起こった事件と、常治の話を説明します。

信「代わりに説明するとな…。今喜美子の家にお巡りさん来てやんねん」
喜「はぁ?」
信「いろいろ取られたもん調べに来てやんねん」
喜「取られたって…どういうこと?」
信「置いてあったお金…喜美子の仕送りも…。直ちゃんが洗濯して貯めたお駄賃も何もかもや!」
喜「誰がそんな…泥棒やんけ!」
信「まぁ…そうや。泥棒や。ほんでな、今朝早く常治さんが大阪向かった」

喜美子は「えっ、何でお父ちゃんがうちのところに?」と信作に聞きます。信作は直子から話を聞いたそうなのですが、何やら喜美子のお給料を前借りしに行くと言って、大阪の荒木荘に向かったと言うのです。

そして再び受話器を取った直子は「お父ちゃん言うてた。”お金、用意しとけぇ”」と言うのでした…。

その頃、常治はすでに大阪に到着していました。このまま荒木荘へとやって来るのでしょうか??

喜美子は事の状況をようやく把握すると「ええぇぇ〜!?」と顔をしかめるのでした…。

朝彦
朝彦
これは大変な事になってきましたね…(^_^;)

この続きは第22話をご覧ください!
22話ネタバレあらすじ「大久保さんに感謝 涙」

スカーレット【21話】の感想「常治さん…情深い」

朝ドラ・スカーレットの第21話のネタバレ(あらすじ)はいかがだったでしょうか?

喜美ちゃんの荒木荘残留の話が吹っ飛ぶくらい、川原家に入った泥棒の話がインパクト強すぎて…(^_^;)。
話の流れ的にはやっぱり保と博之がおばあちゃんの病院代のために、止むに止まれず金品を奪い取って行ったんでしょう…。キツい話ですね(T_T)。

単純に若い二人を責められないというのが…。きっとあの二人もやりたくてやったわけじゃないと思うんです。
でもこのままでは大事なおばあちゃんが死んでしまう(たぶん)。きっと病院に入院すれば助かったんでしょうね…。
そして考えた挙げ句、もう川原家にドロボウに入るしかお金を作る手段がなかった。もちろんあの二人だって悪いことをしていることは重々承知だったと思います。もしかすると常治さん以上に、あの若い二人の方が辛い思いをしているのかもしれません…。

常治さんだって、以前似たようなことをしてしまいましたよね。借金踏み倒して大阪から信楽に逃げてきた。やってることは同じです。
だからこそ、若い二人を一晩だけでも気遣ったと思うのです…。

きっとこの先、保と博之は必ず常治さんにお金を返しに来てくれると私も信じています(←きれい事かも?)。

スカーレット【21話】の世間の反応、感想をご紹介

最後に、スカーレット【21話】の放送を見た世間の反応をご紹介したいと思います。

以上で、朝ドラ・スカーレットの第21話のネタバレ(あらすじ)と感想を終わります。
いつもありがとうございます。

この続きは第22話をご覧ください!
22話ネタバレあらすじ「大久保さんに感謝 涙」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です