スカーレット

スカーレット[16話]ネタバレあらすじ感想「喜美子ォォ(泣)!頑張れよォ」

おはようございます!朝彦です。
ここでは、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』の【16話】のネタバレ(あらすじ)、放送を見た感想を書きたいと思います(16話は2019年10月17日(木)に放送されました)。

ではさっそく、朝ドラ・スカーレット【16話】ネタバレ(あらすじ)&感想に参りましょう♪


朝ドラ スカーレット【16話】のネタバレ(あらすじ)

※ここからはNHKの『連続テレビ小説(朝ドラ)・スカーレット』16話のネタバレ・あらすじを含みます。ご注意下さい。

ある朝、信楽の川原家に喜美子からハガキが届きました。マツはそれを嬉しそうに読むと空を見上げます。

一方、大阪の荒木荘のベランダでは同じように喜美子が空を見上げています。すると家の中からガラス越しに大久保が喜美子をギロッと見ています。色物の洗濯物は日陰の方に干せと言うのです。

出勤前、さだが喜美子に荒木荘の電話の出方、使い方を教えてくれます。荒木荘の電話を使うのは荒木荘の住人だけではなく、まだ電話がない近所のお宅の人の「呼び出し」を頼まれることもあると言うのです。

そしてさだは「失礼のないように出るんよ」と近所の簡単な地図を喜美子に渡してくれます。

さだが出勤すると、大久保が「いっぺん、やってみぃな。勧誘のしつこい電話もあるさかいに、なめられんように”大人のええ声”出すんやで」と喜美子に言います。

喜美子は「はい…大人のええ声ですね」と言うと咳ばらいをし、「荒木荘でごじゃいま…」といきなり失敗してしまいます(笑)。

喜美子は大久保に「大人のええ声」を教わり、何度も繰り返し『荒木荘でございますぅ』を練習していました。

朝彦
朝彦
キミちゃんはまだ15歳ですし、本当になめられないように”大人のええ声”出さないとですね!

最近の川原家の日常

一方、大阪の大野雑貨屋では、マツが陽子に喜美子からのハガキを見せに来ていました。「いやぁ〜!”楽しい”て書いてあるや〜ん!へぇ〜」と陽子も嬉しそうです。

するとそこに直子がやって来て、大野雑貨屋に置いてある電話で喜美子に電話をかけたいと言い出します。

「喜美子姉ちゃんにかけたい。”楽しい”なんてズルいやん!文句言うたる。うちも大阪行きたい!」

直子は喜美子の代わりに家事ばかりさせられ、お父ちゃんにも怒られてばかりだと言います。しかし陽子が「大阪までの電話代えらいかかるで?汽車賃よりかかるかもしらんなぁ?」と言うと、マツも「せやね。電話は高いさかい、そう簡単にはかけられへん」と言います。

直子は「うそやん」と言いつつも「カツ子おばあちゃんのとこ行ってくる!」と走って行きます。マツは「喜美子みたいにはいけへん…難しいわ…」と嘆くのでした。

その日の夕方、保と博之が川原家の縁側で本を読んでいると常治が帰ってきます。若い二人は立ち上がると「ご苦労さまでした」と挨拶をします。常治はそのまま二人に「飯食うてけ」と言うと、川原家の茶の間で夕ご飯を一緒に食べます。

そして夕食が終わると常治は「ほら保、飲みに行くで!」と近所の飲み屋へと繰り出します。保と博之はマツに「いつもありがとうございます。ごちそうさまでした!」とキチンとお辞儀をします。

朝彦
朝彦
これが最近の川原家の日常って感じですね

「喜美子ォォ(泣)!頑張れよォ」

その日、飲みつぶれてしまった常治はカウンターで寝てしまいました。大野が「ジョーさん?ジョーさん?行きましょか!」と起こすのですが、常治はなぜ大野がココにいるのかよく分かっていない様子(笑)。

常治は自分が大野を呼び寄せた事も忘れてしまい、若い二人もすでに家に帰っていました。大野は常治をおんぶすると、ひとまず大野雑貨屋まで運んでくれます。

大野雑貨屋に着くと、常治は「う〜ん…どこやここ?」とまだ酔っ払っている様子。そして大野がお水を取りに行くと、常治はふと電話があることに気付きます。

すると先ほどまで泥酔だった常治が、自分の足で電話機へと歩いて行きます。

一方、荒木荘では喜美子が、今朝さだから渡されたご近所さんの地図を自分なりにキレイに書き直し、電話の前に貼っていました。すると突然、目の前の電話が鳴り響いたのです…!!

喜美子は軽く咳ばらいをして電話に出ると「はい!荒木荘でございます!」とまずは普通の声で対応します。かけてきたのは常治だったのです…!!

しかし常治は何もしゃべろうとしません。言葉が出ない様子です…。喜美子は電話の主が常治だとはつゆ知らず「もしもし?」と問いかけます。すると喜美子は「何や…。こちら荒木荘でございますぅ」と今度は”大人のええ声”を出します。

大阪で頑張っている喜美子の声を聞いた常治は、涙を流しながらただただ無言で震えていました…。

喜美子は「もしもし?もう、切りますよ?もう失礼します!」と野太い声を出し、電話を切ります。「何なん!」と独り言を言う喜美子…。

一方、常治はゆっくり受話器を置くとこう泣き叫ぶのでした…。

「喜美子…。喜美子ォォォォ〜〜(泣)。頑張れよ、頑張れよぉ…。喜美子…。よう頑張れ…よう頑張れよ…(泣)」

朝彦
朝彦
常治さんだって辛いんです…(T_T)

照子からの手紙はカラ元気?

数日後、荒木荘の喜美子に照子から写真入りの手紙が届きました。

その手紙は、照子がいかに楽しい高校生活を送っているか、自慢している手紙でした。『楽しい』の文字が36個もありました(笑)。

【信作が照子の写真を撮る回想シーン】ここから

照子は高校の中庭にあるオブジェによりかかりながら笑顔で信作が持つカメラに視線を送ります。しかし…写真を撮る信作の「はい…」という掛け声はテンション低めです(笑)。それとは対象的に照子のテンションはマックス(笑)。

「あっ今、目ぇつむってもうた。もう一回!笑うた顔撮って。”わぁ〜楽しい!ぱぁ〜(笑)”」

信作は「笑うほど、楽しい高校生活け?偽りの笑顔やん!」とぶっきらぼうにツッコみます(笑)。照子は「喜美子に負けんと、これから楽しい高校生活にするんや」と必死です。

そして隣でバレーボールを楽しんでいる”友だちではなさそう子三人”を無理やり呼び寄せて、照子は「ぱぁ〜」と無理やり笑顔を作るのでした…。

【信作が照子の写真を撮る回想シーン】ここまで

一通り写真を見終わった喜美子は、照子が無理やり笑顔を作っているのかは分かっていない様子でした、そしてちょっと寂しそうな表情を浮かべます…。

朝彦
朝彦
キミちゃんだって、みんなと一緒に高校行きたかったんですもんね…

ちや子に身の上話をする喜美子

するとそこへ、ちや子が「ただいま」と帰ってきます。喜美子は急いでお茶漬けを用意します。

ちや子は淀川の溺死体の事件をまだ追っていると言います。するとちや子はふと、テーブルの上に置かれた写真に気付きます。ちや子は「すごいな、お家カメラあるん?」と聞くと、喜美子は自分家のではなく同級生のものだと説明します。ちや子は、喜美子にことわってその写真を見せてもらいます。

喜美子「ラジオはあります。うち、カメラはないけど、ラジオあります。こういう感じの、こういう形の…」

なぜか急に強がる喜美子…。ちや子は優しく「そう…」と笑顔で聞いてくれます。

そしてちや子は、追っていた事件の溺死体の身元が分かり、酔っ払って川に転落した事故だったと言います。そしてその男性にはまだ小さいお子さんがいたのだそうです。喜美子は「うちの父もよう飲みます。川に落ちんよう言うてやらんと…」と心配します。

ちや子「お父さん…大阪行け、言うたん?高校行かんと」
喜美子「うち商売やってて、妹も二人いて大変なんで」
ちや子「そう…」
喜美子「それに”女に学問は必要ない”て」
ちや子「ひどいなそれ。あ…ごめんな」
喜美子「いえ、うちもほんまは信楽にいたかった。ほやけどしゃあない。最後は自分で納得して来ました」

朝彦
朝彦
ちや子さん、意外と優しい人ですね…

信楽焼きのかけらに値段が!?

そして喜美子は、夕日がキレイな場所で見つけた焼き物のかけらを、旅のお供に持ってきたという話をちや子にします。

喜美子は部屋にちや子を招き入れると、実際のそのかけらを見せます。ちや子は「へぇ〜。これがそう。キレイな色やな。信楽焼か…?」と言います。何だかちょっと焼き物に詳しそうな予感がします。

するとちや子は「いっぺん、うちの上司に頼んで、どういうアレか見てもらう?」と言います。喜美子が「どういうアレ言うのは?」と聞くと、古い昔の物だったりすると、高い値がついたりすると言うのです。

すると喜美子は「お金になるいうことですか!?」と急に声が大きくなります(笑)。ちや子は「分からんで!けど、まぁただのかけらやないかもしれん。えらい価値があるかもしれんし…無いかもしれんし…。いっぺん、うちの社にそれ持って来てみる?」と言ってくれます。

もう喜美子は「ええんですか?えらい価値あったらどないしよ(笑)?」と大金を手にしたような気分です(笑)。

喜美子が「いや〜(笑)。どないしよぉ〜(笑)」と興奮している横でちや子が「わ…分からへんで?」とたしなめるのですが、心はもう大金持ちの感じで「なんぼするんやろ?うわ〜。これが…ヒィ〜(笑)!」と笑みが溢れる喜美子なのでした…。

朝彦
朝彦
キミちゃん!期待し過ぎ(笑)

※この続きは↓第17話のネタバレをご覧ください!
→第17話ネタバレあらすじ「大久保〜!とやぁ〜!」

スカーレット【16話】の感想「常治も寂しい(T_T)」

朝ドラ・スカーレットの第16話のネタバレ(あらすじ)はいかがだったでしょうか?

もう16話は常治さんの号泣に尽きますね(T_T)。

信楽を離れる時、まず照子が号泣し、次に喜美子が常治の前で号泣し、それでも常治は気丈に振る舞っていました。
私は「あれ?常治さんの泣くシーン無いのかな?」とずっと思っていました。
親ですから、絶対に寂しくないはずがありません。しかも15歳で親元から引き離し、友だちからも引き離し、一人で大阪に行かせるのですから。

そしてようやく、ここに来ての電話越しの号泣ですよ…。私もボロボロと涙が出てしまいました。
働くことの厳しさ、人様からお金を頂くことに尊さを身にしみて分かっている常治さんだからこそ、娘の苦労が分かるんだと思います。

そしてそれ以上に、可愛い娘にそういう事をさせてしまっている罪悪感が強いんだと思います。
決してキレイごとだけではないストーリーに涙してしまいました。

あと照ちゃんがキミちゃんと張り合って「楽しい」アピールしているのも微笑ましかったです。
照ちゃんもあの性格ですから、そんなにすんなりとは高校生活に馴染めるとは思えません(笑)。信作クンとの関係も昔と変わらずだし(笑)。お互い頑張って欲しいですね♪

最後に、私も信楽焼きのかけらの価値がすっごく気になりました。
まさか一気に大金持ちって訳にはいきませんよね!?

スカーレット【16話】の世間の反応、感想をご紹介

最後に、スカーレット【16話】の放送を見た世間の反応をご紹介したいと思います。

以上で、朝ドラ・スカーレットの第16話のネタバレ(あらすじ)と感想を終わります。
いつもありがとうございます。

※この続きは↓第17話のネタバレをご覧ください!
→第17話ネタバレあらすじ「大久保〜!とやぁ〜!」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です