スカーレット

スカーレット[15話]ネタバレあらすじ感想「大久保さんvs草間流柔道」

おはようございます!朝彦です。
ここでは、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』の【15話】のネタバレ(あらすじ)、放送を見た感想を書きたいと思います(15話は2019年10月16日(水)に放送されました)。

ではさっそく、朝ドラ・スカーレット【15話】ネタバレ(あらすじ)&感想に参りましょう♪


朝ドラ スカーレット【15話】のネタバレ(あらすじ)

※ここからはNHKの『連続テレビ小説(朝ドラ)・スカーレット』15話のネタバレ・あらすじを含みます。ご注意下さい。

翌朝、大久保が荒木荘に出勤して来ると、喜美子は「おはようございます!」と玄関で出迎え、昨日渡されたお金をお返しします。

するとさだも起きてきて、喜美子が今日信楽に帰れるから元気になってると勘違いします。しかし喜美子は「帰りません。予定通りここで働かせてもらいます!」と言い切ります。

「ええっ!?」と驚く大久保。そこへちや子が今仕事から帰って来ました。ちや子が「お茶、頼んでもよろしい?」と言うと、大久保は「もちろん。すぐご飯しますよって」とすぐに台所へ向かいます。

すると喜美子は「あの…うちの話、聞いて頂けますか?」と朝ごはんの支度をしている大久保に話しかけます。すると圭介も「どないしたんですか?皆そろって」と起きてきます。圭介も再試験の勉強で朝まで起きていたらしく、大久保に濃いお茶をお願いします。

みんながテーブルに座ったところで、喜美子は「大久保さんの事、ずーっと考えてました」とみんなに語りかけます。そして大久保の前に立った喜美子は草間流柔道の話を交えて、自分の気持を素直に訴えます。

「大久保さんが今、うちの…柔道で言うところの対戦相手や、と思いました。うち柔道やってましてん。草間さんいう人から草間流柔道。草間流柔道は、相手を敬うことから始めます。大久保さんはお子さんを四人育て上げて、厳しいお姑さんも看取って、家ん中のこと、ご飯作ったり掃除したり洗濯したり、ずっとやってきやった。そう聞きました。すごいことやと思います。素晴らしいんとちゃいますか?素晴らしいことやのに、大久保さんは家ん中の仕事は誰にでも出来る言わはりました。そやろか?大久保さんが作ったごはんは、大久保さんにしか出来ひんのとちゃう?夕べのご飯、えらい美味しかったです。お皿のことも、心を込めて磨いたお皿は、そうでないお皿と同じ?う〜ん、そやろか?うちは…”誰にでも出来る仕事やない。家ん中の仕事も素晴らしい仕事や”。いつか”あんたにしか出来ひん”。いつか”参りました”言わせてみたい。そう思いました」

朝彦
朝彦
キミちゃん、よく言った!!その通りだと思いますよ…。

大久保は最初こそ「何の話や?」と相手にしなかったものの、最後は黙って喜美子の話を聞いていました。

「どうか雇って下さい。働かせて下さい!戦わせて下さい!お願いします!」

喜美子の熱意は大久保に届くのか?

深々と頭を下げる喜美子。しばらく静かな空気が流れた後、大久保は「”戦う”て、子ども相手にアホらしもない!」と言うと、「さあ、はよご飯の支度せんと」と台所へ戻って行きます。

すると、テーブルの上には急須と湯飲み茶碗がお盆の上に置かれたままになっていました。それに気付いた圭介が「フフッ」と笑うと、スーッと喜美子の方へ押します。するとちや子が目配せをして喜美子に(はよ!お茶いれてあげて!)と合図を送ります。

「あっ…うちが…。うちが!?」と戸惑う喜美子…。すると空気を察したさだが「大久保さ〜ん、この子にお茶いれてもろて、ええんやね〜?」とわざとらしく大きな声で台所にいる大久保に聞きます。

しかし、大久保は「ふん…」と言うだけ…。しかし断らないと分かった喜美子は急いで台所に行くと、「ありがとうございます!一生懸命心を込めて働かせて頂きます!ありがとうございます!」と言います。

そして居間に戻ってくると、さだや圭介、ちや子にも「ありがとうございます!ありがとうございます!」と何度も頭を下げてお礼を言います。

そんな様子を見た大久保は喜美子に「ちゃっちゃとしなはれ!!」と檄と飛ばします。喜美子は「はいっ!!」と元気よく返事をするのでした…。

朝彦
朝彦
キミちゃん、よく頑張った!信楽に返されなくてよかったね!

謎の住人、雄太郎が死んでる?

洗面台で歯を磨いているちや子と圭介が話をしています。ちや子は淀川の溺死体が自殺なのか他殺なのか、事故か事件か分からず、ずっと追いかけているのだそうです。その亡くなった男性は「身元不明」らしく、『30代から40代と見られる男の溺死体。死後一週間か』という新聞記事を見たという圭介。それを書いたのはちや子なのだそうです。

ちなみに、この荒木荘にはもう一人「田中雄太郎」という男性が住んでいました。一番広い部屋に一番長く住んでいる住人です。

すると圭介がこの雄太郎とここ数日顔を合わせていないと言い出します。「フフフッ」と笑うちや子でしたが、「まさか…」と思い、二人で雄太郎の部屋に向かいます。

そして廊下から襖越しに「雄太郎さ〜ん!おるの?おらんの!?」と呼びかけるちや子。雄太郎はちや子の事が苦手らしく、今度は圭介が優しく「雄太郎さ〜ん?圭介です」と呼びかけます。

ちなみに、雄太郎は圭介のことも「同じ男やのに、何でこないちゃうねんやろう」と思って、圭介の顔を見ると落ち込むと話していたそうです(笑)。

しかし部屋からは全く反応がありません。するとそこへ喜美子が「洗濯物ありますか?」と聞きにやって来ます。二人はそんな事お構いなしに顔を見合わせると「うん」と頷きます。新入りの喜美子なら雄太郎が出てくるのではないかと推測したのです。

圭介はこの部屋に住む雄太郎について、以前は市役所に勤めていたけれども今は辞めてしまって、時々部屋に閉じこもって、ご飯も食べたり食べなかったりだと教えてくれます。そして、二人は喜美子に「挨拶しといたほうがいいよ」と促します。

「おはようございます。川原喜美子と申します。」

しかし今度も全く反応がありません。ちや子は「ほんまに淀川やったら、しゃれならんな」と焦り始めます。ちなみに雄太郎も30代から40代の男なのだそうです。

喜美子「田中さん?雄太郎さん!?いやはったら出てきて下さい!雄太郎さん!?」

雄太郎は三つ子!?

するとスーッと襖が開くと、「おはようございますぅ」と眼鏡をかけた男性が、襖の間から顔をのぞかせます。喜美子が「雄太郎さん…ですか?」と聞くと、雄太郎は「兄さ〜ん?」と何やら兄を起こそうとする素振りをします。喜美子は「弟さん…?雄太郎さんは中にいやはるんですね?」と聞きます。

雄太郎は「兄さん?呼んではる」と言うと、一度襖を閉じます。そして再び襖が開くと「うっす!ウィッス!」と全く同じ顔でメガネを外した男が顔を出します。

今度こそ雄太郎かと思いきや、その男も「雄太郎!お前も挨拶しぃ!」とまた部屋に向かって言います。その男は「三つ子!」と言います。そして「ほら!ぐずぐずせんと、雄太郎、お前!挨拶せんか!」とまた襖を閉じてしまいます。後ろで圭介とちや子が笑っています。

部屋の中では兄が弟の雄太郎を殴っているようで、雄太郎は「痛い痛い」と悲鳴を上げています。すると女性の声で「やめてあげてぇ〜」と聞こえてきます。そして次の瞬間、大きく襖が開くと…。

「どうも…。田中雄太郎です」

雄太郎は勝手に一人三役、いや四役?を部屋の中でこないしていたのです(笑)。喜美子は「アハハハハッ!楽しい(笑)」と大笑いするのでした…。

朝彦
朝彦
面白い住人さんもいらっしゃるようで、荒木荘楽しそうですね!

荒木荘での仕事は大変!

翌日から本格的に荒木荘でのお仕事が始まりました。喜美子は慣れるまでは毎朝4時半に起きるように言われます。

表の掃き掃除に始まり、廊下の掃き掃除など場所やゴミのたまり具合によって、ホウキを使い分けるように言われます。

荒木荘の人たちは、起きる時間も、出かける時間もそれぞれ違います。頼まれたらお弁当も用意します。食材の買い物や御用聞きの応対も、大事な仕事です。

洗濯は、みんな家族ではないので、まとめて洗うことは出来ません。きちんと分けて洗います。

住人の田中雄太郎さんは、市役所務めを辞めて、今は何をしている人かは分かりませんが、住人のプライベートは詮索しないようにと言われます。

そして、冷たくなったご飯は蒸し器で温め直します。夕ご飯もみんなバラバラです。好みも人それぞれみんな違います。なので、その都度その都度用意しなければなりません。そして空いた時間に自分のご飯を頂きます。

覚えること、考えることがたくさんあり、喜美子は自分の自由な時間はほとんどありませんでした。ほっと出来るのは寝る前のほんの少しの時間です。

この日、喜美子は初めてハガキにこう書きました。

「お母ちゃん!楽しいでぇ〜〜!」

喜美子は疲れたのか、そのまま寝てしまうのでした…。

朝彦
朝彦
最初は大変だけど、キミちゃんならきっと大丈夫!

※この続きは↓第16話のネタバレをご覧ください!
→第16話ネタバレあらすじ「喜美子ォォ(泣)!頑張れよォ」

スカーレット【15話】の感想「草間さんが助けてくれた」

朝ドラ・スカーレットの第15話のネタバレ(あらすじ)はいかがだったでしょうか?

キミちゃん、とりあえず荒木荘に残る事が出来てよかったですね。
まさか、ここで草間流柔道の心得を持ち出すとはさすがキミちゃん!

でも確かにその通りで、敬うべき相手の大久保さんの仕事は「誰でも出来る仕事ではない」と思います。
確かになかなか日の当たらない、評価されずらい仕事ではあるとは思いますが、そういう仕事だからこそ大変だし、難しいし、誰にでも出来る訳ではないと思います。

そこにちゃんと気付き、それを敬った上で、最終的には「参りました」と言わせたいと意気込みを語ったキミちゃん。
今回は逆に大久保さんの方が何も言い返せませんでしたね。
というか、大久保さんもこれまでの自分の努力を少しでもキミちゃんに評価されて、「この子見る目があるなぁ」と思ったのかも。

そして、テーブルの上に置かれたままの急須がよかったですね。急須を放置=あなたがいれてあげなさい=ここで働いてよし!という合図。
演出というのか、脚本なのか分かりませんがすごくよかったです。

さて、一通り荒木荘での仕事内容が分かりましたし、明日からはどんな事が待ち受けているのでしょうか??
珍しく終わりが「お母ちゃん、楽しいでぇ」で終わったので、明日からがまたちょっと心配です…と深読みしてみました(^_^;)。

スカーレット【15話】の世間の反応、感想をご紹介

最後に、スカーレット【15話】の放送を見た世間の反応をご紹介したいと思います。

以上で、朝ドラ・スカーレットの第15話のネタバレ(あらすじ)と感想を終わります。
いつもありがとうございます。

※この続きは↓第16話のネタバレをご覧ください!
→第16話ネタバレあらすじ「喜美子ォォ(泣)!頑張れよォ」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です