スカーレット

スカーレット[10話]ネタバレあらすじ感想「照子の家出と赤い手袋の話」

おはようございます!朝彦です。
ここでは、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』の【10話】のネタバレ(あらすじ)、放送を見た感想を書きたいと思います(10話は2019年10月10日(木)に放送されました)。

ではさっそく、朝ドラ・スカーレット【10話】ネタバレ(あらすじ)&感想に参りましょう♪


朝ドラ スカーレット【10話】のネタバレ(あらすじ)

※ここからはNHKの『連続テレビ小説(朝ドラ)・スカーレット』10話のネタバレ・あらすじを含みます。ご注意下さい。

柔道場に「照子がいなくなったんや!」と言いに来た和歌子。草間がいなくなった時の状況を聞くと、和歌子は今までも叱られたら腹を立てて、プイッと出ていくことはあったと言います。それでもいつもは気が済むと戻って来るらしいのです。

さらに今回はお巡りさんが「草間の方で人さらいが出たさけ…」と言っていたのを思い出して、「知らん人について行くような子やないと思うけど…」と心配で居ても立っても居られないとの事でした。

「あんたら…ポン煎餅知ってる?”ポン煎餅ぎょうさん、ぎょうさんあって余ってるさかい、あげるしおいで!”言われてもついて行かへんわの?知らん人にそんなん言われても、行かへんやろ?」

子どもたちが黙っていると、次郎がポツリと「行く…」と気まずそうに言います。すると他の子たちも「行く!行く!」と言い出し、喜美子も信作も「行くで!」と言う始末…(笑)。

それを聞いた和歌子は「ほな…照子もまさか…。草間の人さらいに…」と言うと、その場に座り込んでしまうのでした…。ちなみに、今回の人さらいは『若い男がポン煎餅を使って12歳の女の子を山の中に連れて行った』のだそうです。

朝彦
朝彦
これはお母さんも心配になりますよね…。ポン煎餅の威力スゴすぎです(^_^;)

和歌子は「捜して来ます!」と言うと、草間も一旦、子どもたちを家に帰して自分も捜します!と言います。和歌子は「おおきに!気ぃ付けるんやで。付いて行ったらあかんで!あんたらも!」と言い残すと、走って行ってしまいました。

ついに、赤い手袋が喜美子に…!

家に帰った喜美子は洗濯物を取り込んでいました。午後になっても照子はまだ見つかりません。

するとさっきのお巡りさんと陽子が喜美子の家にやって来ました。喜美子は「照ちゃん、見つかったん?」と聞くのですが、今手分けして心当たりを回っているところだと言われます。そして「ついでに寄ったんやけど、これ、渡しておこうと思うて。落ちてたの、わしが拾うたやろ?」と、例の赤い手袋を差し出します。

一緒に来た陽子も「ほら!うちの店の前でよ。キミちゃんと直ちゃんにあげるわ」と言うと、喜美子は「何で?そんなんおかしいやん?」と言うのです。すると草かげから忠信も見ていて、喜美子にバレそうになったところを陽子は(隠れて!)と無言のジェスチャーをします。

朝彦
朝彦
ホント、大野夫婦は優しいです(T_T)

お巡「いや…もともと買うた持ち主が、あげるて…」
喜美「持ち主?誰?」
陽子「知らん人や!もらっときい」

喜美「知らん人から物はもらえん。危険や!」

朝彦
朝彦
確かに!ポン煎餅でもダメと言われましたからね。気をつけないと!

陽子「キミちゃん。ええから手袋もらっときぃ!手袋な、誰ももらわへんかったら拾うた人のものになるんよ」
お巡「そや。ゆくゆくはそういうことになる」
陽子「けど…お巡りさん、こんなん使わへん」
お巡「使わへん使わへん!もろうてくれよ、なっ?」

すると喜美子はようやく「ええの…?」と遠慮気味に言います。心配そうに草かげから見つめていた忠信もコクリと頷きます。

陽子も「もう春になってまうわ!ええ加減もらいな!」と後押しします。するとようやく喜美子も笑顔になり「分かりました。ありがとう」と嬉しそうに受け取ったのでした…。

陽子は草かげにいた忠信に向かって笑顔でバンザイをします。もちろん忠信も笑顔でバンザイ…。

朝彦
朝彦
前回のラジオといい、今回の赤い手袋といい…。泣けます(T_T)。ありがとう!

マツもきっと察していた…

家ではさっそく直子が赤い手袋をつけて「うわ〜〜っ!!」と喜んでいます。それを見ながらマツが「二人分の手袋…。そない都合のええ話…」と首をかしげていました。

喜美子が「お父ちゃんに言うてから、使うんやで」と言うと、マツは「あっ…(笑)。お父ちゃんは…。フフッ。ええよ。お巡りさんからもろうた言うたら、”ほなええ。しゃあない”言うてくれるよ」と何かに感づいた様子です。

喜美子は「ほんま?ほな、すぐ使うてええの?」と喜ぶと、さっそく自分も赤い手袋を手にはめると、「わぁ〜」と嬉しそうにしていました。

最後に、喜美子はマツのほっぺにも手袋を当ててあげると、親子で「ええなぁ〜!」と喜んでいました(笑)。

朝彦
朝彦
本当は、常治さんが自分の手でプレゼントしたかったでしょうね…

照子が見せもん小屋に!?

喜美子は急に「照ちゃんも、ちゃんと手袋してるやろうか…」と不安になります。

喜美子は冬休みに入ると、近くに住むひとり暮らしのおばあちゃん(カツ子おばあちゃん)の洗濯を引き受け、僅かばかりのお小遣いを頂いていました。喜美子は赤い手袋をして、洗濯物を届けに行きます。

そして喜美子はカツ子おばあちゃんに草津で女の子が人さらいにあった話をします。そして「ひどい目に遭わされるって、どういうのやろう?」と聞きます。

するとカツ子おばあちゃんは「昔は見せもん小屋に売られるて聞いたけどな。無理やり三味線弾かされたり…それも足でな。うまく弾けへんとな、ムチでビシッ!ビシッ!って叩かれるいう…」と教えてくれます。

驚いた喜美子は神社に向かって走り出します。居ても立っても居られず「照ちゃんが…。照ちゃんが早う見つかりますようにっ!」と神様に照子の無事をお願いします。

朝彦
朝彦
キミちゃんの頭の中では、もう照子ちゃんが足で三味線弾かされてるんでしょうね(^_^;)

照子は家出だった…

神様に手を合わせた喜美子は、急いで走って帰ろうとすると赤い手袋を落としたことに気付き、喜美子はまた神社に走って戻ります。すると、そこに照子がいたのですっ…。

「やめて!嫌や言うてるやん。放して!」

照子は知らない男に腕を捕まれ、引っ張られているではありませんか。驚いた喜美子は急いで照子の元へ走ります。照子は男の手から離れると、再び走り出します。

すると照子は喜美子が落とした赤い手袋に気付き、それを拾うと再び男に捕まってしまいました。「嫌や!放して」というところに喜美子が「照ちゃん!」と駆け寄り、男に向かって「来いっ!!」と両手を上げ、柔道の組手の構えをしたのです。

すると男は照子から手を放し「なに??」と喜美子の方へ歩いて来ます。喜美子は「照ちゃん!ここはええから、逃げて!」と叫びます。

そして喜美子はその男の片手を掴むと「とやあぁ〜〜!」と投げ飛ばそうとします。しかし、さすがに相手は大人。びくともしません…。

照子がぼーっとその様子を見ていると、喜美子は「うちのことはええから!はよ逃げて!とやあぁ〜!」と言います。すると照子はポツリとこう言ったのです…。

照「その人…うちの、丸熊陶業の陶工さんやで?」
男「家出した照子お嬢さん見つけて、帰るよう説得してたんです」

結局…照子の家出の理由は分からずじまいでしたが、ラジオでは草津の人さらい事件の男が逮捕されたと流れ、みんな一安心となったのでした…。

朝彦
朝彦
とりあえずよかったですね…。にしてもキミちゃん勇気あるなぁ

草間が信楽を出て東京へ!

翌朝。いよいよ草間が東京へ戻る日がやって来ました。マツはお世話になったお礼も込めて、「汽車の中で食べて下さい」と真っ白なおむすびを二つ草間に持たせます。

すると家の外から常治と慶乃川の声がします。慶乃川は、信楽の土で作られたたぬきの焼き物をお土産に持たせてくれます。草間は喜んでそれを頂きます。慶乃川も春になったら引退して、草津に戻ると草間に告げます。

するとそこへ、陽子が信作を連れて「あ〜間に合うた」と草間に最後のあいさつをしにやって来ます。陽子は笑顔で「どうも、お世話になりました!ありがとうございました!」と、信作と一緒にお辞儀をします。

すると、草間に柔道を習った子どもとその母親が「間に合うた〜。さいなら言いに来たで〜」と続々と草間に会いにやって来ます。常治は「もうきりないな。いつ終わんねんもう〜(笑)」と茶化していました。

朝彦
朝彦
キミちゃん。今回は笑顔で草間さんを見送れてよかったね!

草間が去った川原家の庭で、喜美子と直子が赤い手袋をして紙風船で遊んでいます。それを縁側に腰掛けて常治と、百合子を抱っこしたマツが眺めています。

マツは「どーゆーあれか…手袋。お巡りさんにもろうたんやて」と常治に言うのですが、常治は何も言いません。

喜美子が「お父ちゃんも、ほら。ぬくいやろ〜?」と赤い手袋を常治のほっぺたに当ててあげます。常治は嬉しそうにされるがままですが、何もしゃべろうとしません。喜美子と直子はいつものように声を合わせて「ええなぁ〜」と嬉しそうです。

これが、喜美子の10歳。冬の出来事でした…。

喜美子は中学3年生に!

時は流れ、喜美子は15歳になっていました。もうすぐ、喜美子は中学校を卒業します。

中学校の制服姿の喜美子が、「何やこれ。アハハハハハ!うわぁ〜!止まらへ〜ん!!」と山の坂道を自転車で一気に降りています。

それを見ている学生服姿の信作が「止めろや…」と言います。喜美子は楽しそうに「いや〜止まらへん!信作〜!」と叫ぶのでした…。

朝彦
朝彦
一気に中3!いよいよ戸田恵梨香さんの登場ですね!

※この続きは↓第11話のネタバレをご覧ください!
→第11話ネタバレあらすじ「喜美子、春から大阪や!」

スカーレット【10話】の感想「赤い手袋戻ってよかった!」

朝ドラ・スカーレットの第10話のネタバレ(あらすじ)はいかがだったでしょうか?

いや〜、赤い手袋!無事にキミちゃんと直子ちゃんに渡って本当によかったです。
大野夫婦にはもう感謝しかないですね。本当にありがとうございました。

本当はね、常治さんが自分の手で堂々とキミちゃんたちに「お土産や!」と渡したかったでしょうけど、ま、仕方ないですね。
本当に温かい、いい話でした。何度もウルウルしちゃいました。

あと照子ちゃんの家出。理由は伏せられたままでしたね。
これも今後の伏線だとは思うのですが、「婦人警官」とか「三味線」とか「夢」とか、いろんなキーワードも出てきて、きっとそういう事なんでしょうね。

でもあんな演出しなくても(^_^;)
あれはどう見ても人さらいの雰囲気出まくりでしたよね。
でもとにかく無事でよかったです。
でもこれで子役ちゃんたちが見納めかと思うと寂しくて(泣)。もう一週間くらい見たかったですけど、大人編も楽しみにしたいと思います。

戸田恵梨香さん、中3役、似合ってました(笑)。

スカーレット【10話】の世間の反応、感想をご紹介

最後に、スカーレット【10話】の放送を見た世間の反応をご紹介したいと思います。

以上で、朝ドラ・スカーレットの第10話のネタバレ(あらすじ)と感想を終わります。
いつもありがとうございます。

※この続きは↓第11話のネタバレをご覧ください!
→第11話ネタバレあらすじ「喜美子、春から大阪や!」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です