まんぷく

まんぷく ネタバレ【21週】のあらすじと感想!偽ラーメンに激怒の萬平

こんにちは!@朝彦です。
ここでは、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)『まんぷく』【21週】のネタバレやあらすじ、その感想を書きたいと思います。

ではさっそく、まんぷく【21週】のネタバレ&あらすじに参りましょう♪


朝ドラ まんぷく【21週】のネタバレ&あらすじ

※ここからはNHKの『連続テレビ小説(朝ドラ)・まんぷく』21週「作戦を考えてください」のネタバレ・あらすじを含みます、ご注意下さい※

大急百貨店の売り場に立ち、懸命に客の呼び込みをする福子、萬平、鈴の三人でしたが、なかなか試食してもらうことが出来ずにいました。

実はまんぷくラーメンは出来上がるまで2分かかるため、お客さんからすると「その場で2分お待ち下さい」と言われても、なかなか足を止める気にはならないようなのです。しかもセロハンの包装袋から少しだけ覗いて見えるのはお煎餅のような物で、そこからラーメンを想像するのは難しいようです。

そこで福子はお客さんを呼び止めてから調理を始めるのではなく、先にラーメンを作っておいてその匂いでお客さんを誘い込む作戦に変更します。

すると福子の思惑通り、試食をしてみたいという人が集まってきて美味しいと言ってもらえるようになります。ただ、肝心の売上にはつながらず、予定していた半分にも届かなかったのでした。

その日の夜、商店街のほうで試食販売をした真一、世良、神部、吉乃も立花家に集まり、今日の結果を報告し合います。やはり商店街のほうでも福子たちと同じように売れなかったようです…。

みんなでなぜ売れないのか?何が問題なのか?と思案していると、鈴がまんぷくラーメンの袋を手に取り「もしかして、この袋が悪いんやないの?」と包装袋のデザインの事を言い出します。

忠彦によると、このカラフルな波のようなデザインは”幾度の荒波を乗り越えてきた福子と萬平の人生”をイメージしたデザインだと以前話していました。それを知った鈴は「わざわざ何で荒波なのよ。縁起悪いやないの」と不満げです。そして「私には”てんぷくラーメン”に見えてきたわ」と切り捨てていました。

朝彦
朝彦
鈴さん、言葉のチョイスが厳し過ぎます…。

まんぷくラーメンは斬新で栄養たっぷり!

翌日も、とりあえず解決策が見つからないまま試食販売を続けます。しかしやっぱり売上は一向に伸びる気配はありません…。

すると「別のデザイン案を考えて来たんや」と忠彦が立花家を訪ねてきます。まんぷくラーメンが売れないのはデザインのせいなのでは?という話が、神部を通して回り回って忠彦の耳に入ったようなのです。

しかし忠彦が持ってきてくれた別案は無難な普通のデザインで「早い!おいしい!栄養たっぷり!」という文字が書かれています。実は忠彦自身も前のデザインはちょっと斬新過ぎたのではないかと思っているようで、「まんぷくラーメンが売れへんのは、僕のせいなんや…」と落ち込んでいました。

落ち込んだ様子の忠彦を見て、今度は萬平も「売れなかったのは自分のせいだ…」と落ち込みます。そんな意気消沈している二人を見た福子は「なんで二人ともそんなに弱気になるのよっ!」と叱咤し、「まんぷくラーメンは斬新な発明なんやから、斬新なデザインでええやないですか」と励まします。

福子はまんぷくラーメンは今までにない商品だからこそ、まだ世間の人達は戸惑っているだけだと説得します。そう言いながらふと忠彦のデザイン案に目をやると「栄養たっぷり!」という文字が書いてあります。福子はそれを見ると「これや!」と閃きます。

「斬新で栄養たっぷりやいうことが伝われば、お客さんは買うてくれます。お偉いさんのお墨付きをもらいましょう!」

萬平はさっそく大阪大学の近江谷教授に相談します。すると近江谷教授は国立栄養研究所でまんぷくラーメンの栄養分析をしてもらえるよう手配してくれたのです。

そして栄養分析の結果報告書を見ると「まんぷくラーメンを健康食品として推奨する」と書かれています。どうやら鶏のトサカや肋骨のガラからいろんな栄養成分が抽出されていたようなのです。

朝彦
朝彦
さすが萬平さんですね。栄養面まで素晴らしかったとは。きっとダネイホン開発の時に得た知識も生かされたのでしょうね

福子と源と幸がテレビCMデビュー!

国立栄養研究所のお墨付きをもらったまんぷくラーメン。福子たちは「国立栄養研究所 お墨付き商品」と書いた横断幕を張り出し、販売所でアピールします。

すると売上が伸びたのですが、しかしまだ想定の8割程度で止まってしまいます…。まんぷくラーメンが画期的で斬新な商品だということを考えると、みんなも物足りないと感じていました。

ある日、福子は香田家を訪れテレビを見ていました。福子の家にはテレビはないため興味深く見ていると「まんぷくラーメンのTVコマーシャルを作ろう!」と思いついたのです。福子は帰宅するとさっそく試食販売をしている面々にその話を持ちかけます。

するとみんなも賛成してくれて、そしてなんと神部がどんなCMにするのかプロデュースしたいと言い出したのです。神部は大学時代に映画研究会に入っていたらしく、その時は映画を見ていただけで作っていたわけではなかったそうなのですが、神部のやる気を買って任せてみようということで話がまとまったのでした。

後日、神部がどんなCMにするのかいくつかの案を持ってきます。その中から『主婦が家でまんぷくラーメンを作って、子供たちがそれを喜んで食べる』という案を採用することになります。

そしてその主婦というのは「僕は奥様をイメージして考えました」と言う神部。プロの役者さんにCM出演を依頼すると出費が高額になってしまうこともあり、主婦役は福子が演じることに決まります。そうなるとラーメンを食べる子役はもちろん源と幸に決定です。

それから二日後。CMの撮影隊が立花家にやって来て、福子は和服にかっぽう着という衣装に着替えます。福子はいつになくとても緊張していましたが、子供たちと一緒に何とか無事撮影が終了したのでした…。

朝彦
朝彦
ダネイホンの時は萬平さんが表に出てましたけど、今回のラーメンは福ちゃんがモデルですね!

CM効果が絶大!注文殺到で超大ヒット!

大急百貨店での試食販売が残り2日となった日、いよいよまんぷくラーメンのTVコマーシャルの放送が始まりました。

やはりTVコマーシャルの効果は絶大で、百貨店の売り場にはお客さんが殺到。売上もこれまでの5倍に跳ね上がります。

TVコマーシャルのうれしい反響はこれだけではありませんでした。女学校時代からの福子の親友であるハナが、久しぶりに敏子と一緒に会いに来てくれたのです。

さらにさらに、大急百貨店の売り場に牧善之介・恵夫婦もまんぷくラーメンを買いがてら福子に会いに来てくれます。

朝彦
朝彦
売上も嬉しいですが、こういうのって本当に嬉しいですよね

まんぷくラーメンは問屋からも注文が殺到し、いよいよ爆発的に売れ始めます。そしてまたたく間に東京、札幌、名古屋、広島、福岡と全国の主要都市で販売されることが決まります。

こうなると、それに見合う生産量とスピードが必要になって来ます。今のままでは到底生産が追いつかないと判断した萬平は、自宅の隣りにある空き地に工場を建設します。

さらに神部、岡、森本に「まんぷく食品の社員として一緒にやらないか?」と持ちかけ、三人もこれを喜んで引き受けてくれます。さらに吉乃もまんぷく食品に入社し、鈴は真一と一緒に経理を担当することに決まりました。

朝彦
朝彦
なんだかたちばな栄養食品の時みたいな感じになってきましたね。

まんぷくラーメンの生産工場の建設は突貫工事で行われ、約一ヶ月というスピードで完成しました。

萬平や福子は新たに雇った従業員たちにまんぷくラーメンの製造方法などを説明します。みんな真剣に聞き入っているのですが、そのなかに福子の親友・敏子の姿もありました。こうしてまんぷくラーメンは全国的に知名度を広げて行ったのでした…。

咲が夢に?生卵を入れると美味しい!

「まんぷくラーメン」という萬平が発明した画期的な即席ラーメンは、注文が殺到し、日本の食文化を変えたと言っても過言ではないほどの大ヒット商品となりました。

そんなある日のこと。
工場で働く従業員たちがみんなでまんぷくラーメンを食べようとしていた時、福子が「生卵を入れてみよう」と提案します。

実は亡き姉の咲が夢に出てきて、まんぷくラーメンは生卵を落として食べると美味しいよと教えてくれたのだと言います。

それを聞いた萬平も「どんな食べ方をしても美味しく食べられるように作ったつもりだ」と言い、世間の人達がいろいろと工夫してくれるものいいかもしれないなと話します。

そして実際に生卵を落として食べてみると、卵がまんぷくラーメンの美味しさをさらに引き立てることが分かったのでした。

朝彦
朝彦
まさに今のチキンラーメンがそうですよね。私は生卵が苦手なのでアレですが(^_^;)

偽物ラーメンの登場で激怒する萬平

みんなが卵の話で盛り上がっていると「とんでもないモン見つけたで!」と世良がやって来ます。

世良は鞄の中からまんぷくラーメンの類似品の数々を出してみんなに見せます。どれを見ても本物に似た袋のデザインをしてて、値段も安く設定されています。これは明らかにまんぷくラーメンの人気に便乗しようとしていることが分かります。

朝彦
朝彦
ダネイホンの時もありましたよね。これは卑怯です…。

萬平がその類似品を一つ一つ調べると、案の定粗悪品ばかりです。しかし一つだけ本物に近い出来のラーメンがありました。その商品名は「本家まんぷくラーメン」と書かれており、製造元の会社は「テイコー食品」と書かれてあります…。

それを見た真一がピンと来ます。実は先月まんぷく食品を辞めていった坂部という社員がいたらしく、彼がテイコー食品に引き抜かれてまんぷくラーメンの製造方法を漏らしたのではないかというのです。

こうと分かれば黙っていられない世良は、ダネイホンの偽物騒動の時と同じように真一を引き連れてテイコー食品に乗り込みます。

実はダネイホンの時の教訓からまんぷくラーメンは完成するとすぐに特許を出願していたのです。真一がテイコー食品の社長・猿渡にその事を告げると「新聞沙汰にでもなれば、我々にとってはそれが宣伝になる」と悪びれもせず開き直ります。

偽物の福子まで登場!?

テイコー食品はまだ続けます。
さらにその後、今度は福子とそっくりな女性が厚化粧をしている姿のポスターを作り、街中に張り出したのです。
これには萬平も我慢の限界を超え、怒りを爆発させたのでした…。

「ニセのまんぷくラーメンに、ニセの福子まで!もう我慢出来ない!!」

朝彦
朝彦
これは悪質ですね…。また弁護士さんの登場とかあるのでしょうか?

朝ドラ まんぷく【21週】の感想「ダネイホンの時に似てる」

朝ドラ・まんぷくの第21週のネタバレ&あらすじはいかがだったでしょうか?

最初は売れなくてハラハラしましたがやっぱり萬平さんの発明した物はスゴイですね。一気に全国に売れてさすがの一言です。
そして懐かしい顔ぶれも登場して、見ているこっちも嬉しい気持ちになりました。

そして話の展開がダネイホンの時とそっくりですね。
開発に悪戦苦闘し、でも商品化して宣伝すると一気に爆発的に売れだして。特許も出願して、ちゃんとしたところからのお墨付きまで頂いて。
さらには神部さんを始め、岡さん、森本さんまで社員になって。吉乃ちゃんまでは分かるのですが、敏子も従業員になるとは思いませんでした。真一さんと鈴さんが経理担当というのもダネイホンの時と一緒ですね。なんだか懐かしい気持ちになりました。

そして、問題はこれもダネイホンの時と一緒で偽物の登場ですね。
今回は早々に特許も出願したにも関わらず、相手方が開き直るとは…。ダネイホンの時はここから東弁護士が登場しましたが、やはり今回も力になってくれるのでしょうか??
とにかくあんなに苦労して開発したまんぷくラーメンがいとも簡単に真似されるのは納得いきません。
次回、どういう展開になるのか期待したいと思います。ニセモノを平気で作るテイコー食品をギャフンと言わせて欲しいです。また萬平さんが逮捕とかイヤですよ…(苦笑)

以上で、朝ドラ『まんぷく』21週目のネタバレ&あらすじと感想を終わります。
いつもありがとうございます。
※本記事のネタバレ・あらすじの内容は、放送される内容とは異なる場合がございます。ご了承下さいませ※

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です