まんぷく

まんぷく ネタバレ【13週】のあらすじと感想!国を訴え無事釈放の萬平

【見逃したまんぷくをイッキ見!】
まずは31日間の無料トライアル!

>U-NEXTでNHKオンデマンドへ


こんにちは!@朝彦です。
ここでは、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)『まんぷく』の【13週】のネタバレやあらすじ、その感想を書きたいと思います。

さて先週は、萬平たちに科せられた罰金七万円を作るために、東太一という若くて頭のキレる弁護士に相談しました。いろいろと相談した結果、ダネイホンを販売する権利と一緒に東京の子会社を売却することになります。
すると今度は、追徴課税でさらに十万円を課せられてしまいます。東はたちばな栄養食品の解散を提案します。財務局の差し押さえまでの間に、ダネイホンの商標と製造方法を売却して会社を解散させれば、国はどうしようもないと言うのです。しかも売却した金額で新しい事業も始められると。
萬平は断腸の思いで会社の解散を決断します。たちばな栄養食品の社員たちは再就職先も決まり、バラバラになってしまいました。

ではさっそく、まんぷく【13週】のネタバレ&あらすじに参りましょう♪


朝ドラ まんぷく【13週】のネタバレ&あらすじ

※ここからはNHKの『連続テレビ小説・まんぷく』13週「覚悟を決めます」のネタバレ・あらすじを含みます、ご注意下さい※

昭和24年が明けました。福子、鈴、源の三人は香田家で居候生活をさせてもらっています。
ある日、臨月を迎えていた福子は大きなお腹で東弁護士と一緒に東京へと向かいます。萬平と面会し、会社とダネイホンの譲渡先に関わる情報や、社員たちの再就職先などについて報告するためです。

萬平は福子の大きなお腹に目をやると、考えている名前があると言います。
男の子だったら『太』。たくましく育って欲しいという願いと、お世話になった東太一弁護士の名前から一文字もらいたいのだそうです。そして女の子だったら『幸』。字の通り幸せになって欲しいという願いを込めています。

二人の会話を聞いていた東は「僕の名前なんて…」と恐縮するのですが、ふと思いついたのか「福子さんと合わせると”幸福”ですね!」と顔を輝かせます。萬平は「福子と二人一緒に幸せになってもらいたい。それが僕の願いだ」と言うのでした。

大阪に戻った福子と東は、お世話になった三田村会長の病室を訪れます。笑顔をで迎え入れてくれた三田村会長は前よりもずっと面やつれしたように見えました。本人はもう長くはないことを自覚していて「生きていれば希望はある」と言います。そして福子にこう言い残したのでした。

「負けるなよ。立花君を支えていけるのは福ちゃんだけや。どんな事があっても笑っていなさい」

それが三田村会長と会った最後となりました。三日後、福子と萬平を見守り続けてくれた恩人は、静かに息を引き取ったのでした…。

朝彦
朝彦
三田村会長のご厚意がなければ、二人はここまでやれてこれなかったでしょうね

福子が女の子を出産!名前は『幸』

翌週、香田家で急に産気づいた福子は、予定日よりも四日早く女の子を出産しました。

名前は萬平の希房通り『幸』に決まります。源が生まれた時は「私が名前をつける」と騒ぎ立てた鈴も今回はすんなりと受け入れます。穏やかな顔ですやすやと眠っている姿を見て、鈴はその名前にピッタリだと感じているようでした。

そして香田家のみんなも「かわいいなぁ」「源ちゃん。妹が生まれたんよ」と小さな命の誕生を祝福してくれます。まさに文字通り”幸せ”な女の子でした。

朝彦
朝彦
久しぶりに明るい話題ですね!福ちゃんと合わせると『幸福』。いい名前です!

この時、萬平の出所までまだ三年半もありました。しかし、会社とダネイホンの売却により手にした十二万円が福子の口座にはありました。これは萬平が出所した後に新しい事業を始めるための軍資金です。それまで子供たちをしっかり守っていこう、福子はそんな決意を新たにしたのでした。

悪夢の始まり。また財務局が来た

ある日、「ごめんください」と大阪財務局の職員が香田家にやって来ます。背広姿が二人と制服姿が二人の四人の男たちが立っています。悪夢のような厄災の始まりです…。

「たちばな栄養食品販売に課された源泉所得税と追徴課税十万円を徴収するため、立花さんの個人資産を差し押さえます」

そう言うと、財務局の職員たちは家に上がり込み部屋中を手当たり次第にあさり始めます。すると十二万円が入っていた福子の預金通帳と印鑑を見つけられ、押収されてしまいます。そして差押調書の写しを手渡すと、メチャクチャにされた部屋をそのままに、男たちは出て行ってしまいました。

朝彦
朝彦
どろぼうと同じですね…

国を、訴えましょう!

福子から事情を聞いた東は、萬平と相談するため刑務所へと向かいます。萬平はまず福子や二人の子供の事を心配するのですが、東は克子から心配ないと聞いていると話します。ホッとする萬平に対し東は「会社の税金を個人から取り立てるなんてあり得ないことです。財務局のやり方は横暴すぎる!」といつになく声に怒りが帯びています。

東の推測によると、財務局は進駐軍から圧力をかけられていると言います。今の日本を支配しているのはGHQ(連合国軍総司令部)で、その配下にある進駐軍は各財務局に月ごとの徴税額のノルマを決め、その成果によって報酬や懲罰を与えていると言うのです。とにかく財務局のやり方は酷すぎると言う東。そして覚悟を決めたかのように萬平にこう言います。

「国を、訴えましょう!」

東は「源泉所得税徴収決定処分の取り消し」を裁判所に請求するのだと言います。萬平さんは明らかに不当な扱いを受けている、今抗議の声を上げなければ何も始まらないと言うのです。それを聞いた萬平はまた自分の家族が辛い目にあうのを心配します。しかし東は「僕が全力でお守りします!」と言うのでした。

金網の中に閉じ込めれれている萬平はどうしようもありません。今はこの若者に全てを託そうと腹をくくります。それを受けて東はすぐに東京地裁へ申し立てを行います。そして翌日には大阪へ向かい福子たちに訴訟を起こした旨を伝えます。

朝彦
朝彦
話が大きくなってきましたね

東の法律事務所にも家宅捜索が

立花萬平から訴えを起こされた財務局は焦りを感じたのか、なりふり構わぬ強硬策に出ます。
ホテルに戻った東は東京の事務所にいる秘書に電話をします。秘書から最近立花さんの事に入れ込みすぎでは?と言われると東は「あの方は絶対に助けなければいけない人なんです」と言います。

電話の最中、東京の事務所に「法律事務所の所得に関する強制調査を行う!」と財務局の職員がやって来たのです。東の留守を狙われた事務所では、帳簿などを持ち帰られてしまいます。しかし何もやましい所のない東は悠然としていました。

福子は何かが引っかかっていました。萬平が国を訴えたからといって、財務局はそんな事までやる必要があるのだろうかと。そもそも訴えを起こす前からうちは酷い目に遭っている、見せしめとは言え既に萬平は逮捕されて刑務所に収監されているのです。国、財務局、進駐軍…。何か後ろめたい事があるのではないかと。

萬平は不当逮捕だった!

ある日、香田家に神部と世良が相次いで出産祝いに来てくれました。手放しで喜んでくれる二人を前に浮かない表情を見せる福子…。察した神部に「財務局と揉めてて…」とタカが漏らしてしまいます。世良も”財務局”という言葉に鋭く反応。結局福子は事の一部始終を二人に説明します。

そこへ東がやって来ます。神部と世良への挨拶もそこそこに、東は重大な事実を突き止めたと言うのです。知り合いの税理士に確認したところ、大蔵省主税局から”奨学金は非課税”との通達が各税務署へ出ていたのだそうです。

萬平が逮捕されたのは社員への奨学金が給与とみなされ、その分の税金を滞納していたからでした。しかし奨学金は非課税となると「萬平が捕まったのは不当逮捕だった」ということになるのです。

朝彦
朝彦
福ちゃんが引っかかっていたのはこの事だったんですね!

世間を味方に付けろ!

しかし東は不当逮捕を責めたとしても進駐軍は「自分たちは日本の法律に従う義務はない」と開き直るだけだろうと言います。すると世良が両手をパチンと叩いて「世間を味方に付けるんや!」と言います。「奨学金は非課税という通達が出ていたにも関わらず、ダネイホンを作った立花君は不当逮捕され有罪判決を受けている。そんな記事が新聞に出たらどうなると思う?」と。

すかさず東も「敗戦後の生活苦の状況で税金を取られ、国民の不満も溜まっているはずです。そんな記事が出れば世間はきっと味方してくれるはずです」と言います。世良は大阪に新聞社に勤める知り合いがたくさんいると言い、東も東京に新聞社に勤める大学の先輩がたくさんいると言います。

ここで福子が「世間が味方してくれたからといって、萬平さんは出してもらえるんでしょうか?」と質問します。東はすかさず「そこは駆け引きが重要です」と言います。向こうは訴えを取り下げて欲しがっている、であればこちら側としては「萬平さんを釈放しろ」と条件を出すというのです。

朝彦
朝彦
何だか面白いことになって来ましたね!

東の読みは当たりました。数日後、新聞の社会面には『立花萬平氏、不当逮捕』『財務局の暴走か』との見出しがおどり、萬平の処遇をめぐる記事で埋め尽くされます。東京や大阪では財務局への反対デモが起き、世論は完全に萬平の味方となっていきました。

そしてついに、福子が待ちに待った知らせが東から届きます。進駐軍が訴えを取り下げれば萬平を釈放すると言ってきたのです。福子はすぐに訴えを取り下げるよう東にお願いします。東は「訴えを取り下げるということは、課税してきた税務局の正当性と萬平の非を認めることになります。課税された十万円も支払う必要があるのです」と説明します。

さらに東は「なので、もう少し金額を減らしてもらえないか、粘ってみたい」と言うのです。しかし福子はお金を支払ってでも萬平を釈放してもらいたいと切に願っています。なので粘らなくていいと東にお願いすると東はしぶしぶ引き下がるのでした…。

萬平、まさかの釈放拒否

しかしその後、東から何の連絡も来なくなります。福子は東に対してちょっとした違和感をおぼえていました。いつもとは違って歯切れが悪く、物事を前へおし進めるいつもの勢いが感じられなかったのです。そもそも税金をまけてもらうなんて出来るのか…。気になった福子は東京にいる東に電話をかけます。

福子が根掘り葉掘り問いただすと東はようやく本当の事を話してくれました。実は問題は萬平だったのです。萬平が「訴えを取り下げるのは、負けを認めるのは信念に反する」と今回の取引に応じないというのです。

支払えと言われている十万円は、泉大津で塩を作り、ダネイホンを作ったみんなの汗の結晶だと。ここで自分が折れてしまったら、みんなに申し訳ないと言うのです。

朝彦
朝彦
確かに萬平さんの気持ちも分かります

それを聞いた福子はフッと笑い「そういう人なんです、あの人は」と言います。それでも萬平に帰って来て欲しい福子は、自分が東京に行って萬平を説得すると言います。それを聞いた東は「でも福子さんは産後間もないお身体ですよ…」と引き止めます。

ここでようやく東の煮え切らない態度の理由が分かりました。萬平が渋っているという話をすると福子がこうなるということが東には分かっていたのです。なので東はどうしても産後間もない福子には本当の事を言えずにいたのでした。

福子が直々に萬平を説得

福子は萬平を説得するために、生後まだ二ヶ月しかたっていない幸を連れて半日かけて東京へ向かいます。福子と幸、東は萬平と面会します。わが娘と初めて対面した萬平は「…幸か」と感激します。

朝彦
朝彦
私までウルウルしちゃいます(泣)

まず福子は萬平が訴えを取り下げるつもりはないことについて同調します。そして三田村会長が亡くなったことを報告し「生きてさえいれば、希望はある」と励ましてくれたと伝えます。ここで福子はちょっとキツめの言葉を口にしたのです。

「でも萬平さんには希望はありません。今のあなたは死んでしまってるんですもの」

萬平は「どういう意味だ?」と怒り気味に聞き返します。福子は冷静に落ち着いてこう続けます。

「萬平さんが本当にやりたい事は何ですか?人を笑顔にする、世の中の役に立つ何かを作ることが萬平さんの生きている証やありませんか?ここにいては萬平さんは死んでいるも同然です」

萬平の表情が少し和らいだように見えます。福子は「もう終わったことは忘れて、未来の事を考えましょう。源や幸が成長していくこれからの事を」と続けます。そして金網越しに幸の小さな指を萬平に握ってもらいます。

しばらくすると萬平は幸の指を離し立ち上がります。そして「東先生、僕は訴えを取り下げます…。今まで本当にありがとうございました」と言います。
こうして、萬平は無事釈放され、ようやく家族四人で暮らせるようになったのでした…。

朝ドラ まんぷく【13週】の感想「無事釈放で良かった」

朝ドラ・まんぷくの第13週のネタバレ&あらすじはいかがだったでしょうか?

一時はどうなることかと思いましたが、とりあえず萬平さんが無事に釈放されて良かったです。
4年も刑務所にいるって、考えただけでもゾッとします。
広い目で見ると”立花萬平”という有能な人間をずっと閉じ込めている事は、日本経済にとっても損失ですよね。ダネイホン一つでここまで大きな存在になった萬平さんは本当にすごい人だと思いました。
それにはやはり萬平さんが抱いている強い信念というのが大きいんでしょうね。
みんなの汗と涙の結晶と引き換えに進駐軍との取引に応じるくらいなら、ここにいてやる!という気概。気持ちは分かるのですが、実際にそう振る舞えるというのがすごいと思います。
でもそれはあくまで理想論であって、実際は奥さんや子供たちに寂しい思いをさせている、収入もない生活が続くとなると、そうは言っていられないのが現実です。
その事にうまく気付かせてあげた福ちゃんの話術といいますか、萬平さんを上手く手のひらで転がす感じがまたよかったと思います(言い過ぎですかね(笑))。

とりあえず、ここまでは一気に悪いことが続きましたね。
会社もダネイホンも全て売り払い、仲間だった社員たちもバラバラになってしまいました。
手元に残ったのは二万円です。
幸ちゃんも生まれて、これから萬平さんがどういう事をするのか、楽しみです。また悪いことが起きなければいいのですが…。

以上で、朝ドラ『まんぷく』13週目のネタバレ&あらすじと感想を終わります。
いつもありがとうございます。
※本記事のネタバレ・あらすじの内容は、放送される内容とは異なる場合がございます。予めご了承下さいませ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です